福山雅治が戦っているのは抗うことのできない現実だ 『集団左遷!!』第一章/第二章でテーマの変化

福山雅治が戦っているのは抗うことのできない現実だ 『集団左遷!!』第一章/第二章でテーマの変化

 日曜劇場(TBS系日曜夜9時枠)で放送されている『集団左遷!!』が最終回を迎える。物語の主人公は大手メガバンク・三友銀行で働く片岡洋(福山雅治)。ある日、片岡は蒲田支店の支店長に昇進する。しかし、ノルマの100億を半年以内に達成できなければ廃店になると同時に知らされる。

 統廃合のために支店の廃店はすでに決定事項。だから、頑張らなくてもいい。廃店になった後の身柄は保証すると乗務取締役の横山輝生(三上博史)に言われた片山は、当初は指示通りに動くつもりだった。しかし、真面目に働く部下たちの姿を見て「頑張らないなんておかしい」と考えを改めノルマ達成を目指す。彼の態度は本部に対する反逆と受け取られ激しい嫌がらせを受けるものの片山は部下たちとの結束を高めていく。最終的にノルマには届かなかったが、蒲田支店の頑張りは頭取の藤田秀樹(市村正親)から評価される。蒲田支店は廃店となるものの、リストラは全員免れ、別の銀行に異動となる。

 物語は二章構成となっており、第二章(第7話以降)では、片岡は本店の融資部へ異動となっている。

 総合百貨店・マルハシホールディングスの再建プランをめぐって本部が揺れる中、片岡は日本橋支店の副支店長となったかつての部下・真山徹(香川照之)に届いた告発メールの送り主を調査したことをきっかけに、横山を含めた幹部クラスの人間が日本橋支店に裏金専門の銀行口座を作っていたことを突き止める。

 真実を告発するために裏金のリストを公開する片岡。しかし横山だけは、何故か、藤田頭取によって、リストから名前を消されていた。銀行のために横山を探る片岡は、証拠となる手帳を手に入れ、役員会議の場で、改めて、横山の不正を告発する。

 牧歌的だった第一章に対して第二章はシリアスだ。『半沢直樹』(TBS系)以降、定番化している池井戸潤の原作小説をドラマ化したシリーズのテイストに近づいている。これは登場人物が大企業の社長や幹部クラスの銀行員が中心になり、第一部で中心だった庶民や銀行員たちが背後に退いた結果だろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ