『きのう何食べた?』内野聖陽が指輪に喜ぶ姿が愛おしい 調理シーンの「語り」の違いにも注目

『きのう何食べた?』内野聖陽が指輪に喜ぶ姿が愛おしい 調理シーンの「語り」の違いにも注目

 人気漫画家・よしながふみの同名コミックが原作のドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)の第9話が6月8日に放送された。西島秀俊が演じる筧史朗(以下、シロさん)が内野聖陽演じる矢吹賢二(以下、ケンジ)とお揃いの指輪を購入する。シロさんとケンジの「パートナーを大事にしたい」という思いが伝わってくるあたたかい回となった。

 ドラマ冒頭、同期の結婚パーティーに出席したシロさん。だが、同性愛者であることを周りに公表していないシロさんは、シロさんが独身だと知った周囲の女性たちから猛アピールを受け困惑する。結婚パーティーでの演出はとてもコミカルだ。同期が「これで同い年だよ」「しかも独身だからね」と言うたび、パーティーに参加している女性たちがシロさんのほうへ振り向き、目を爛々と輝かせながらにじり寄ってくる。猛アピールする女性たちに困惑するシロさんが、男性の指に光る「結婚指輪」を見て「猛烈にあれ(結婚指輪)がほしい……」と心の中で発する描写が面白い。

 一方、ケンジは三宅祐(マキタスポーツ)の悩みを聞いていた。浮気現場を娘に見られてしまったと落ち込む祐。「そんなの浮気しなきゃいいだけでしょ」と言ったケンジに、祐が困り顔で「正論言うなよ」と返すシーンには思わずクスリとしてしまう。だが、「夫婦なんてさ、わびしいもんなんだぜ。たまに無性にさみしくなるときだってあるしさ」と発した祐に、ケンジはどこか悲しげな顔を見せる。内野は本作でケンジの天真爛漫な姿を魅力的に演じている。だが、時々見せるケンジの悲しげな表情が、彼の繊細な性格やシロさんとの関係、同性カップルだからこそ味わう悩みなど、ケンジの背景にあるものを伝えてくれる。ケンジは祐にこう伝えた。「わかってる? 自分がすっごく恵まれてるって」「別れるつもりがないなら、パートナーは大事にしなよ」

 その後、結婚式会場でまともな食事にありつけなかったシロさんが家で1人、ナポリタンを作って食べるシーンがある。ここで印象的なのは、ナポリタンをつくるシーンでいつもの「語り」がないことだ。調理シーンは無音で、淡々とナポリタンが出来上がる。だが、帰宅したケンジがお腹を空かせていることを知ると、サッと出来るお茶漬けにも関わらず、いつもの「語り」が聞こえる。この対比で、調理シーンでの「語り」が、ケンジと囲む食卓を楽しむシロさんの気持ちを表しているのだとわかる。

 また、1人で食事を終えたシロさんの「結局、俺が毎日ちまちまと品数多くおかず作ってんのは、ケンジがいるからなんだよな」という語りも、ケンジへの思いを表すものだ。だが相変わらずシロさんは素直ではない。「あいつの存在って大事」と思いかけたところで言葉を切り、「つくづく健康にいいな」と言い直す姿は実にシロさんらしい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ