>  >  > 『東京独身男子』AK男子3人に心境の変化

『東京独身男子』ついに斎藤工の元妻が登場 AK男子3人に心境の変化が訪れる

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 高橋一生、斎藤工、滝藤賢一の3人がアラフォーの“AK男子=あえて結婚しない男子“を演じる『東京独身男子』(テレビ朝日系)も後半戦突入。

 第6話は「人間ドック」に「墓問題」とやけにリアリティ溢れるテーマが続いた末、導き出されたアジェンダ候補は「結婚は過酷な長距離走。走らなきゃ見えてこない景色もある」。“あえて結婚しない”なんて言っていた3人の心境に一体どんな変化があったのか?

 今回はAK男子3人のうち唯一結婚歴のある三好(斎藤工)が物語の鍵を握っている。これまでも度々恐妻家として彼の口から話題に上がり、彼に「結婚は監獄。もう絶対に結婚はしない」と言わしめた三好の元妻・薫(野波麻帆)だが、遂にご本人登場の運びに。夫婦時代に三好が親のために購入した墓が欲しいのだと迫る。


 弁護士の岩倉(滝藤賢一)が仲介役を買って出るも、AK男子3人を見るなり「ここだけ時が止まったみたいで。永遠の青春?」と痛烈な一言をお見舞いされ一蹴されてしまう。そして最終的にはお墓は薫の手に渡ることに。

 「離婚時にあれだけ譲歩したのに、なんで今頃……しかもお墓なのか?」。納得いかなかったかずな(仲里依紗)がこっそり薫に事情を聞きに行ったところ、意外な彼女の本音が知らされることとなる。

 薫は「お墓を買った当初、“ここに絶対一緒に入るんだ”って決めたことを思い出し、前に進めない」のだと言う。

 三好らAK男子3人衆に「多分別れたくなかったんだよ。でも、離れるしかなかったんだと思う」と薫の気持ちを代弁するかずな。おそらく太郎(高橋一生)へのバイバイ宣言をした自分自身の気持ちとも重なるところがあるのだろう。

 確かに最初の襲来時にも強気に振舞っていたかに見えた薫の表情が一瞬だけ曇る瞬間があった。それは三好が言い放った「今さら何だよ。もう終わったことだろ?」と言う一言が引き金だった。

      

「『東京独身男子』ついに斎藤工の元妻が登場 AK男子3人に心境の変化が訪れる」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版