>  >  > 『東京独身男子』AK男子の課題点が明らかに

『東京独身男子』AK男子の課題点が明らかに 仲里依紗と小野武彦の鋭い指摘にうなる

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 高橋一生、斎藤工、滝藤賢一の3人がアラフォーの“AK男子=あえて結婚しない男子”を演じる『東京独身男子』(テレビ朝日系)、第5話は彼らがAK男子たる所以に切り込んだなかなか示唆に富んだ放送となった。

 まずメインストーリーの太郎ちゃん(高橋一生)。ようやくかずな(仲里依紗)に落ち着くかと見えた彼の元に突如現れた元カノ舞衣(高橋メアリージュン)。慣れない海外での新婚生活、旦那とのすれ違いから起こった喧嘩をきっかけに急遽帰国したという舞衣は行くあてもなく、太郎宅を訪ねてきたのだった。そこからかずなと舞衣と奇妙な3人での共同生活が始まる。

 他人との、しかも3人での生活に太郎は思わず「朝食に好きでもないメニューを食べさせられ、洗面所も順番待ち。仕事だって自分のキャリアなのに自分だけでは決められない」とこぼし、「結婚したらずっと空間そのものを他人と共有し合うことになるんだろ」と早くも結婚に対して及び腰である。

 そんな太郎の様子を見かねたかずなから鋭い指摘が入る。「太郎ちゃんが好きなのは私でも舞衣さんでもない。結局自分なんだよ」「だから他人といると息が詰まる、1人が良い」と。

 これは巷に溢れるAK男子にとっては耳の痛い一言だろうが、的を射た真理だ。第1話で三好(斎藤工)も「結婚は女に自由を与え、男から自由を奪う」なんて声高らかに叫んでいたが、その考え自体に首を傾げたくなる。他人との共同生活においては互いの歩み寄りが大前提であり、自分ばかりが制限される側だと考えるのはいかがなものか。

 同じく第1話で太郎ちゃん自身が今後の自分の身の振り方について力説していた際「1人で生きていく覚悟(=独身)」をとるのか「誰かと一緒に生きていく責任(=結婚)」をとるのかという二択を掲げていた。今の太郎ちゃんの考え方は後者で言うところの「責任」をはなから放棄しているようにも見える。

      

「『東京独身男子』AK男子の課題点が明らかに 仲里依紗と小野武彦の鋭い指摘にうなる」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版