>  > 中条あやみが語る、“お仕事ドラマ”への挑戦

『白衣の戦士!』中条あやみが語る、“お仕事ドラマ”への挑戦 「今しかできない等身大の役」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中条あやみと水川あさみがW主演を務めるドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系)が放送中だ。

 ナース(看護師)といえば、そのイメージは「白衣の天使」。しかし実際は、 病院は「命と戦う場所」であり、その仕事はとても大きな責任を伴う大変なもの。本作ではそんなナースたちにスポットを当てて、その奮闘ぶりを描く。元気で明るく情に厚い、失敗してもくじけない元ヤンの新米ナース・立花はるかを中条、そして、はるかの指導係であり、姉御肌の頼れるベテランナース・三原夏美を水川が演じる。

 中条にとって、今作は連続ドラマ初主演作。映画では、高校生役や学園もので主演の経験を積んできた中条にとって、「お仕事ドラマ」主演はどんな経験になったのか。話を聞いた。

「誰かのために生きている女の子は素敵だしかっこいい」

ーー今回連続ドラマ初主演ですが、ドラマと映画では同じ主演でも違いは感じますか?

中条あやみ(以下、中条):日テレ系水曜日よる10時枠の主演というと、幅広い世代に名前の知られている、経験の多い女優さんが主演されているイメージがあったので、自分がやる日がくるとは正直思ってもいませんでした。映画はお金を払って劇場に来てくださるお客様のものですが、ドラマは全国のお茶の間のみなさんに見てもらうものなので、やっぱり意識は違いますね。たくさんの方が見てくださるのかなと思うと、緊張します。

ーー水曜ドラマは、人気のドラマ枠のひとつですもんね。

中条:なので、だいぶプレッシャーが……(笑)。でも、今はいったん置いておこうと、あまり考えないようにしています。

ーーその意味では、W主演の水川あさみさんには頼もしさを感じたり?

中条:そうですね。私はまだまだ経験も少ないし、今回ドラマ出演自体が久しぶりだったのですが、水川さんはこれまで様々な役もされてきているので、頼もしかったです。すごく明るく優しい方で、現場でもたくさんお話ができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

ーーお二人とも関西出身ですが、現場の空気はどうですか?

中条:賑やかです。みんな、言いたいことを好きな時に言いますね(笑)。いい意味でゆるい人たちが集まっているのかもしれません。毎日楽しく過ごしています。登場するだけでビシッと空気の締まる女優さんもいると思うのですが、今の私はゆるさしかないので(笑)、そうならなきゃなという思いもあります。

ーー中条さん演じるはるかは元ヤンですが、演技の面で意識したところは?

中条:はるかちゃんは喜怒哀楽がはっきりしていて、感情がかなり表に出る女の子です。なので、表情のわかりやすさやテンポ感、表情の切り替えもすごく早い。コメディとして、感情の切り替えの早さがポイントになるキャラクターだと思います。私は普段マイペースな方なので、そこが難しいなと思いつつ、楽しみながらやらせていただいています。

ーー中条さんから見て、はるかはどういう女の子ですか?

中条:本当にからっとしていて、自分に対して悔しいという気持ちはあるけど、基本的には「誰かのためになりたい」という気持ちを持っている。ナースのお仕事にも憧れて就いたので、誰かのために生きている女の子は素敵だしかっこいいなと思います。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

      

「『白衣の戦士!』中条あやみが語る、“お仕事ドラマ”への挑戦 「今しかできない等身大の役」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版