>  >  > 『なつぞら』第6話、なつが責められ…

『なつぞら』第6話では、なつ(粟野咲莉)が夕見子(荒川梨杏)の妹・明美を泣かせてしまい……

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月1日よりスタートしたNHKの連続テレビ小説『なつぞら』。第6話では、なつ(粟野咲莉)が妹を泣かせたと夕見子(荒川梨杏)から責められる。

 なつが天陽(荒井雄斗)のノートに描かれた馬の絵に目を奪われた第5話。第6話では、同じ年の夕見子が、思い切ってなつの本心を尋ねる。ところが、なつからは無理にやさしくしないでいいと気のない返事をされてしまう。ある日、なつが夕見子の妹・明美の子守をしていると、泣かせてしまう。そこに夕見子が現れ、なつは明美に何かしたと疑われてしまい……。

 戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動の物語。主演の広瀬すずをはじめ、岡田将生、草刈正雄、松嶋菜々子、藤木直人、清原翔、小林隆、音尾琢真、安田顕、高畑淳子、山田裕貴、吉沢亮らがキャストに名を連ねる。

■放送情報
連続テレビ小説『なつぞら』
4月1日(月)〜全156回
作:大森寿美男
語り:内村光良
出演:広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人/岡田将生、吉沢亮/安田顕、音尾琢真/小林綾子、高畑淳子、草刈正雄ほか
制作統括:磯智明、福岡利武
演出:木村隆文、田中正、渡辺哲也ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

「『なつぞら』第6話では、なつ(粟野咲莉)が夕見子(荒川梨杏)の妹・明美を泣かせてしまい……」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版