断崖絶壁を素手で登る男 第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞『フリーソロ』今秋公開

断崖絶壁を素手で登る男 第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞『フリーソロ』今秋公開

 第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した『フリーソロ(仮題)』が、今秋より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開されることが決定した。

 ナショナル ジオグラフィック ドキュメンタリー フィルムズ製作による本作は、ロープや安全装置を使わずに素手で山を登る“フリーソロ”の第一人者アレックス・オノルドが、米カリフォルニア州・ヨセミテ国立公園にある970メートルの高さを誇るエル・キャピタンに挑む様子を描く。

 オープニング成績は30万804ドル、公開週末の1館あたりの平均興収は公開当時の劇場公開作品の中で2018年最高の記録を記録し、ドキュメンタリー作品としては『不都合な真実』を破り全米歴代最高の新記録を樹立した。その後も批評家や一般ユーザーの支持を集め、公開19週目にして興収1600万ドルを突破した。

 さらには、第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門での受賞をはじめ、第43回トロント国際映画祭観客賞(ドキュメンタリー部門)、第72回英国アカデミー賞(ドキュメンタリー部門)を受賞するなど、全世界で45賞にノミネート、19賞受賞の快挙を成し遂げた。ドキュメンタリー作品として世界各地でもスマッシュヒットを記録し、イギリスでは歴代15位(興収約200万ドル)、オーストラリアでも歴代トップ10(興収100万ドル超)となっている。

 監督は前作『MERU/メルー』が好評を博したコンビ、エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィとジミー・チンが務める。

■公開情報
『フリーソロ(仮題)』
今秋、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
監督・製作:エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ、ジミー・チン
出演:アレックス・オノルド
撮影監督: ジミー・チン、クレア・ポプキン、マイキー・シェイファー 
音楽:マルコ・ベルトラミ
主題歌:「Gravity」ティム・マッグロウ
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
2018年/アメリカ/100分
(c)2018 NGC Network US, LLC and NGC Network International, LLC. All rights reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる