>  >  > 『運び屋』イーストウッドインタビュー映像

クリント・イーストウッドが創作の秘訣を語る 『運び屋』特別インタビュー映像公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月8日に全国ロードショーされるクリント・イーストウッド監督・主演最新作『運び屋』より、イーストウッドのインタビュー映像が公開された。

 本作は、イーストウッドが自身の監督作としては『グラン・トリノ』以来、10年ぶりに主演を務めたサスペンス。実話をベースに、巨大な麻薬組織で巨額のドラッグを運ぶ、90歳の“伝説の運び屋”の姿を描く。

映画『運び屋』特別映像 クリント・イーストウッドインタビュー

 今回公開されたのは、イーストウッドが『運び屋』と自分自身について語る約3分間のインタビュー映像。主人公アール・ストーンのキャラクター、キャストの重要性、そして創作と若さの秘訣を明かす貴重なコメントに加え、運び屋を追う捜査官を演じたブラッドリー・クーパーらキャストとのメイキングシーンも盛り込まれている。

 イーストウッドは自身が演じた、退役軍人で事業に失敗して運び屋となったアール・ストーンについて、「まるでロビン・フッドみたいだ。違法なことで金を稼いでいるが、困っている人を助ける慈善家でもある」と分析。だが運び屋としての“旅路”は一筋縄ではいかず、「良くなる前に悪くなる。最終的には、家族の大切さに気付き変化する。でも孤独も嫌いじゃない。だから、一人旅に出かけることも多い。麻薬カルテルは、一度も捕まらず、スピード制限も守る彼を気に入る。運び屋としては完璧だからね」と、マイペースな安全運転で運び続けるアールが、ないがしろにしてきた“家族との関係”に気づいていくことを示唆する。

 また、イーストウッドが「キャスティングは映画製作の重要な部分だ。ぴったりのキャストを選べば、すべてうまくいく。素晴らしいキャストが揃って、大満足だよ。運がよかっただけかもしれないがね」と語るように、アールを追う麻薬捜査官を演じるブラッドリー・クーパーやローレンス・フィッシュバーン、そして巨大麻薬組織のボスを演じたアンディ・ガルシアなどの名優たちとイーストウッドが、終始にこやかに撮影するメイキング映像が映し出される。「ドラマや演技、映画で役を演じる面白さは、感情やアイデアが湧き出してくることだ。頭で考えるより、内面の声を聞くべきだよ。基本的には、観客に心を伝えることだと思う」と、現場で湧き上がるインスピレーションを大事にして撮影を進めていたことも明かした。

 俳優として60年余のキャリアを誇るイーストウッド。「若い時はたくさん役を演じ、中には社会的価値のあるものも、アクション満載の娯楽作品だけのこともある。いろいろな機会がある。でもある段階に達したら、少し自分に負荷を課す作品を探すことも必要だ。言えなかったことが言えるような作品を選ぶこともね」と作品選びの重要性についても言及。さらに、「学ぶことに年齢は関係ないということだ。年を取っても学べる。そうしながら、人に教えることもできる」と『運び屋』のメインテーマについて触れながら、「私はいつも異なるタイプの物語に興味がある。西部劇でも、現代劇でも、どんな作品でも、私はずっと新しいもの、脳を刺激するものを探そうとしてきたし、この作品もそうだ」と、常に新しい刺激的な物語を探し続けているとも語っている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『運び屋』
3月8日(金)全国ロードショー
監督・出演:クリント・イーストウッド
脚本:ニック・シェンク
出演:ブラッドリー・クーパー、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィースト、アンディ・ガルシア、アリソン・イーストウッド、タイッサ・ファーミガほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
公式サイト:www.hakobiyamovie.jp

「クリント・イーストウッドが創作の秘訣を語る 『運び屋』特別インタビュー映像公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版