>  > 『翔んで埼玉』は原作より盛大な“ディス”が炸裂!?

『翔んで埼玉』は原作より盛大な“ディス”が炸裂!? 埼玉県は今一番オイシくて幸せな県

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そして東京に入る際に両県民が求められる通行手形をどちらが先に撤廃するか勝負するために、埼玉解放戦線と千葉解放戦線が戦うというオリジナル展開を入れたことで馬鹿馬鹿しさは一気に加速。両陣営が互いの出身有名人の写真の弾幕を広げて競い合うなど、抱腹絶倒のくだらないギャグを入れてきている。

 またその他の関東の県へのディスりも多い。特に昨今ネタで「未開の地グンマー」などと揶揄される群馬県へのイジリはかなりひどいのだが、実はそこに物語を進展させるヒントを盛り込んできているあたりは斬新かつ巧いところでもある。

 そんな東京以外の関東圏をイジリ倒しているかと思えば、最後に一番ディスられるのは実は東京と東京一極集中となっている日本の現状という意表を突いた展開に。詳しくはネタバレになるので避けるが、今まで虐げられてきた地方民たちが一気に留飲を下げるような痛快なクライマックスが待ち受けている。主演のGACKTと二階堂が沖縄県出身というのは偶然なのか否か……これほど埼玉県出身の役者が揃っているにもかかわらず、メインキャストは県外の役者を起用している点は、様々な憶測を呼びそうである。

 また中盤にとあるキャラから埼玉県民に対して行われる演説は誰もが持っている郷土愛というものを再認識させられて、くだらないながら少し感動してしまう不意打ちの名シーンとなっている。そこで言われるこんな一言が物語全体のテーマを表している。

「何にもないけど住みやすくていいところじゃないか!」

 このセリフを聞いて東京育ちの筆者は笑いながらも埼玉県民の地元愛が羨ましくなってしまった。

 益若つばさや島崎遥香、成田凌、ブラザー・トムなど実際に埼玉県出身のキャストが多数出演していることや写真だけ使われる埼玉出身有名人も使用を快諾したこと、そして本作が本拠地埼玉をはじめとして全国で大ヒットしていることを踏まえても、埼玉県は今一番オイシくて幸せな県なのではないだろうか。武内監督の手腕はとても大胆で、未完の原作の世界観をここまでくだらなく強化し、なおかつ普遍的な郷土愛を問う感動的な茶番劇に仕立て上げてみせた。

 ちなみに、「いまいち自分とは関係なさそうだな」と思っている関東以外にお住まいの方もご安心ください。最後の最後に何にもないことを逆手にとった埼玉県民による、日本全土が「あ、そういえば!」と思ってしまう爆笑の逆転劇が起こり、誰もがニコニコで劇場を後に出来る最高の締めくくりが待っている。

 全埼玉県民、全日本人必見のエンターテインメントだ。

■シライシ
会社員との兼業ライター。1991年生まれ。CinemarcheやシネマズPLUSで執筆中。評判良ければ何でも見る派です。

■公開情報
『翔んで埼玉』
全国公開中
出演:二階堂ふみ、GACKT、ブラザートム、麻生久美子、島崎遥香、成田凌(友情出演)、中尾彬、間宮祥太朗、加藤諒、益若つばさ、武田久美子、麿赤兒、竹中直人、伊勢谷友介、京本政樹ほか
原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)
監督:武内英樹
脚本:徳永友一
音楽:Face 2 fAKE       
主題歌:「埼玉県のうた」はなわ(ビクターエンタテインメント)
配給:東映
(c)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
公式サイト:tondesaitama.com
公式Twitter:@m_tondesaitama

      

「『翔んで埼玉』は原作より盛大な“ディス”が炸裂!? 埼玉県は今一番オイシくて幸せな県」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版