三吉彩花が「狙いうち」のリズムに乗って歌い踊る 『ダンスウィズミー』8月16日公開へ

 三吉彩花が主演を務める映画『ダンスウィズミー』の公開日が8月16日に決定。合わせてポスタービジュアルと予告編が公開された。

 青春を描いた『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』、航空会社で働く人々を描いた『ハッピーフライト』の矢口史靖監督の最新作で、ミュージカルコメディ。ミュージカルが苦手なOL静香が、音楽を聞くと所構わず歌い踊りだし体が止まらなくなってしまう催眠術をかけられてしまい、催眠術を解くために日本中を駆け巡る物語となっている。

 主演を務める約500人の応募者の中からオーディションを勝ち抜いた三吉彩花のほか、催眠術師のサクラとして舞台上で催眠術に掛かったフリをする斎藤千絵役をやしろ優、静香と千絵が新潟で偶然出会う謎のストリートミュージシャン・山本洋子役をchay、静香と同じ総合商社で働く先輩エリート社員・村上涼介役を三浦貴大、催眠術師・マーチン上田役を宝田明、マーチン上田の捜索をする興信所の調査員・渡辺義雄役をムロツヨシが演じる。

『ダンスウィズミー』予告編

 公開された予告編は、催眠術によって音楽を聞くと、歌わずに踊らずにはいられない体になってしまう主役の静香が、甲子園での応援ソングでもある国民的名曲「狙いうち」のリズムに乗って歌い踊り、現実離れしたアクロバティックなダンスをレストランで披露するシーンから幕を開ける。

 また合わせて公開されたポスターは、「カラダが勝手にミュージカル♪?」のキャッチコピーの通り、両手足を広げ、ブルーのスカートをひらりとなびかせながら踊る静香の体に、イヤホンのコードが五線譜のように巻き付いている姿を捉えている。

■公開情報
『ダンスウィズミー』
2019年8月16日(金)公開
出演:三吉彩花、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明
原作・脚本・監督:矢口史靖
企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会
公式サイト:dancewithme.jp
公式Twitter:@dancewithmefilm

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる