>  >  > 『家売るオンナ』ヨシオの純愛ストーリーに

松田翔太「人工呼吸はあの餃子の味がした」 『家売るオンナの逆襲』“ヨシオ”の純愛ストーリーに?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 顔を変え、名前を変えた三瓶良雄。留守堂は、小学校当時を「チビでデブで貧乏で」と語り、「ドジスケ」というあだ名でイジメられていたこと、毎日家に餃子を届けてくれる人がいたと話し始める。その人物が誰かは分からなかったが、プールの授業で溺れた時にマンチッチが助けてくれた。「人工呼吸はあの餃子の味がしたんだ」。教室の床には、相合傘の下に「マンチッチ」と「ヨシオ」の名前が並べて彫られていた。

 高校2年、三軒家は両親を事故で亡くし、父親が抱えていた膨大な借金を返済するために家を売り、ホームレスとして公園で生活していた。公園で震えているマンチッチに良雄は「何か欲しいものはある?」と問いかけた。マンチッチが答えたのは「帰る家」。留守堂は「その言葉を聞いたから、僕は不動産屋になったんだ」と三軒家に伝える。

 小学校の頃から想いを寄せていたという留守堂の本心が明かされ、一気に純愛エピソード展開となった『家売るオンナの逆襲』。留守堂から「僕は今もあなたを愛しています」という告白を受けた三軒家の心はどんな動きを見せるだろうか。

(文=大和田茉椰)

■放送情報
『家売るオンナの逆襲』
日本テレビ系にて、毎週(水)22時〜放送
出演:北川景子、松田翔太、工藤阿須加、イモトアヤコ、鈴木裕樹、本多力、草川拓弥、長井短、千葉雄大、臼田あさ美、梶原善、仲村トオル
脚本:大石静
主題歌:斉藤和義「アレ」(スピードスターレコーズ)
音楽:得田真裕
演出:猪股隆一、久保田充
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:小田玲奈、柳内久仁子(AXON)
協力プロデューサー:水野葉子
制作会社:AXON
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/ieuru_gyakushu/
公式Twitter:@ieuru2016

      

「松田翔太「人工呼吸はあの餃子の味がした」 『家売るオンナの逆襲』“ヨシオ”の純愛ストーリーに?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版