>  >  > 深川麻衣、フレキシブルな存在感

深川麻衣、『まんぷく』に“あっさり”と登場 実力派俳優陣の中に溶け込むフレキシブルな存在感

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さて、既婚者である姉のタカに対し、どこか姑めいた言葉も投げかける吉乃。性格が対照的なように、物事に対する価値観もどうやら違うようだ。タカを演じる岸井ゆきのと深川は、この春に公開される『愛がなんだ』でも共演。岸井が主人公を演じ、深川がその友人役に扮している。タイトルにある通り、本作は「愛」に関する物語であり、2人がそれぞれ展開させる、恋愛論・恋愛哲学のぶつけ合いは必見だ。

(c)2019『愛がなんだ』製作委員会

 また、この『愛がなんだ』を手がけた今泉力哉監督といえば、深川が映画初出演にして主演を務めた『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)の監督でもある。“そこに立っているだけで絵になる”彼女のフォトジェニーとしての魅力を捉えながら、女優として追い込まれていく瞬間も見て取れる作品であり、深川は第10回TAMA映画賞最優秀新進女優賞にも輝いた。同じ作り手からの続けての起用は、彼女の女優としての頼もしさを物語るものでもあるだろう。さらに今後は、豪華キャスト陣が一堂に会する『空母いぶき』の公開も控えている。徐々に彼女が切り拓いていく女優の道を、ともにたどっていきたいものである。

 そして、深川が地上波連続ドラマで初主演を務める『日本ボロ宿紀行』(テレビ東京)が、まもなく放送開始。こちらでの彼女は、売れない歌手のマネージャーに扮し、2人で地方巡業に繰り出し、各地の“ボロ宿”をめぐっていくのだという。相手役の歌手を演じるのはバイプレーヤー・高橋和也であり、まさに二人三脚での奮闘を見せてくれそうだ。そして本作での彼女の奮闘は、今後の『まんぷく』での活躍にも必ずや反映されるであろうから、あわせて楽しみたいところである。

■折田侑駿
映画ライター。1990年生まれ。オムニバス長編映画『スクラップスクラッパー』などに役者として出演。最も好きな監督は、増村保造。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『まんぷく』
10月1日(月)〜2019年3月30日(土)【全151回】
作:福田靖
出演:安藤サクラ、長谷川博己、松下奈緒、要潤、大谷亮平、桐谷健太、瀬戸康史、岸井ゆきの、松井玲奈、深川麻衣、さとうほなみ、玄理、矢柴俊博、加藤雅也、牧瀬里穂、松坂慶子ほか
語り:芦田愛菜
制作統括:真鍋斎
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

      

「深川麻衣、『まんぷく』に“あっさり”と登場 実力派俳優陣の中に溶け込むフレキシブルな存在感」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版