>  >  > 『黄昏流星群』藤井流星、年上キラーな芝居で魅了

藤井流星、年上キラーな芝居で中山美穂を翻弄する 『黄昏流星群』全員が納得した人生の道へ?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 真璃子(中山美穂)には春輝(藤井流星)の家という新しい居場所ができ、完治(佐々木蔵之介)もまた若葉銀行に戻り居場所を再度確立する。徐々に瀧沢家の溝は深まるが、それぞれは納得した人生を歩んでいた。『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』(フジテレビ系)第9話では「求められること」と「応えること」を両方の立場から描いた回となった。

 介護で疲弊した春輝の世話をかって出た真璃子は、春輝の母親である冴(麻生祐未)の介護と家事全般をこなす。冴は意外にも真璃子を受け入れ、真璃子はすんなりと日野家に居場所を見つけたのだった。娘がロンドンに行って、どこか寂しさが残る様子の真璃子であったが、春輝の面倒を見ることで表情ははつらつと明るくなっていく。真璃子にとって春輝は、恋愛の感情だけではなく、母性も満たしてくれる存在だったのだろう。

 一方、完治は栞(黒木瞳)と連絡が取れず、居場所もわからないまま。しかし、出向先から銀行本店に戻れることとなり、バタバタと日々が過ぎて行った。真璃子は、栞と完治の関係を知っていたことを完治に話し、家を出てしまった。しかし完治は、堪える様子もなく、月を眺め栞に連絡をするのであった。

 真璃子を求めていたのは紛れもなく、春輝と冴である。彼らの生活に、真璃子の”家事”という能力は不可欠だった。そして真璃子はその能力で相手の期待に応えられたことに、やりがいを感じている様子である。春輝との会話でも、その感情を説明し、笑顔を見せた。さらに春輝もますます真璃子に惹かれていて、陽の差し込む部屋でキスをした。冴は、現時点では家事手伝いとしての真璃子しか認めておらず、春輝の相手としてどう思っているのかは明かされていない。この3人の関係が良好であれば、真璃子は瀧沢家に戻る必要がなくなる。冴の真璃子への印象は今後の展開を大きく左右するだろう。

      

「藤井流星、年上キラーな芝居で中山美穂を翻弄する 『黄昏流星群』全員が納得した人生の道へ?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版