>  >  > 『下町ロケット』古川雄大が“ワル”すぎる

新キャストも続々登場 『下町ロケット』古川雄大が“ワル”すぎるとSNSでも話題に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterでは、北海道を舞台に、森崎博之と安田顕のTEAM NACSの2人の共演に盛り上がる一方で、2分余りと短い出演時間であったにも関わらず、あまりのテンプレのような悪役っぷりから古川についての多くのツイートが見られた。現在、帝国劇場で上演中の舞台『マリー・アントワネット』で共演中のソニンは「めっちゃ悪役や 見るからに悪役や 最初から明らかに悪役… フェルセンさぁん」とツイート。“フェルセン”とは、古川が舞台で演じているフェルセン伯爵のことだ。古川は『下町ロケット』出演発表時のコメントで「作品のいいスパイスとなれるように精進していきます」と発言しており、まさに文字通りスパイスとして、出演初回から爪痕を残した。

 ミュージカル『テニスの王子様』で人気を博した古川は、これまで『ロミオ&ジュリエット』や『黒執事』『モーツァルト!』など、数多くの人気作に出演してきている舞台をメインとした俳優だ。ドラマとしては、2012年に放送の『あかねさす〜新古今恋物語〜』(NHK総合)以来、6年ぶりの出演となる。今後、そのアクの強い演技は作品のスパイスとしてどのように『下町ロケット』にブレンドされていくのだろうか。

■渡辺彰浩
1988年生まれ。ライター/編集。2017年1月より、リアルサウンド編集部を経て独立。パンが好き。Twitter

■放送情報
日曜劇場『下町ロケット』
TBS系にて、毎週日曜21:00~21:54放送
出演:阿部寛、土屋太鳳、竹内涼真、立川談春、安田顕、和田聰宏、今野浩喜、中本賢、谷田歩、朝倉あき、真矢ミキ、木下ほうか、恵俊彰、池畑慎之介、倍賞美津子ほか
原作:池井戸潤『下町ロケット ゴースト』(小学館刊)
脚本:丑尾健太郎
プロデューサー:伊與田英徳、峠田浩
演出:福澤克雄、田中健太
(c)TBS
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/

      

「新キャストも続々登場 『下町ロケット』古川雄大が“ワル”すぎるとSNSでも話題に」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版