>  > 松江哲明の『ザ・プレデター』評

松江哲明の“いま語りたい”一本 第32回

シリーズの魅力を再確認! 懐かしさも漂わせる『ザ・プレデター』の“B級”映画らしさ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『プレデター』との出会いは、小学生の頃。プレデター=宇宙人ということは知らずに、「アーノルド・シュワルツェネッガーがジャングルで超強い敵と戦う」という情報だけで、父親と劇場に足を運びました。当時は現在のような各回入れ替え制ではなく、いつでも場内に入れるシステムで、『プレデター』も始まって1時間ぐらいしたところから観たような気がします。もちろん、プレデターが登場後でした(笑)。ただ、途中から観たにもかかわらず、これがめちゃくちゃ面白い。プレデターがなんだか分からない武器を使って、人間を次々と攻撃していく。プレデターがいつ襲ってくるか分からないという恐怖、そんな強大な敵に立ち向かう人間たちの姿が、ガキんちょの心に強く焼き付きました。

 全く未知の生物で何考えているのか分からないというプレデターの恐さが面白かったのに、その次の『プレデター2』では、プレデターが敵対する人間に対して「お前を認める」と急に“人間らしく”なってしまいました。その後の『エイリアンVSプレデター』も正直期待ハズレで。でも、『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』は大好きです。物語に無理に人間側の倫理を持ち込もうとせずに、ひたらすらプレデターとエイリアンが戦って、そこに人間が巻き込まれていく。そんな人間が最後に何をするかというと、敵だけではなく自ら町ごと爆弾で吹き飛ばすというアンハッピーエンド(笑)。で、シリーズ3作目にあたる『プレデターズ』ですが、これは1作目を本当に好きな方が作ったのが伝わるものではあったのですが、映画として突き抜けたものはあまりなく、うんまぁ……というところでした。

 前置きが長くなりましたが、結論から言えばシリーズ最新作と謳う『ザ・プレデター』は改めてこのシリーズの魅力を再認識させてくれる映画でした。本シリーズのもっとも重要な点は、プレデターではなく、相対する人間たちの“死に様”にあるんだな、と。その描写が突き抜けていることは間違いないです。

 これは褒め言葉として言うのですが、本作は生死の倫理観がどこかおかしいんですよね。それに抵抗がある方はまったく受け入れることができないと思うのですが、誤解を恐れずに言えば、こんなにも人が死んでいく描写が魅力的な作品はなかなかないと思います。子供の目の前で殺しが行われているのに、それをギャグにしてしまうセンス。でも、80年代後半から90年代のハリウッドアクション映画って、びっくりするぐらいに映画の中で人が死んでいくんです。本作を観ながらあの時代の懐かしさも感じましたし、それが孤独な映画少年の心を救ってくれるような癒やしにもなっていたなと、ふと思い出しました。退役軍人チーム・ルーニーズを率いることになるクイン・マッケナ(ボイド・ホルブルック)の息子・ローリー(ジェイコブ・トレンブレイ)が、ハロウィンにプレデターのマスクを付けて練り歩くシーンがあります。このカットにも無性にこみ上げるものがありました。いじめられっ子の少年が、プレデターの武器を使い(本人の意思ではありませんが)あっさりとお菓子を拒否した家を破壊する姿に、『プレデター』を劇場に観に行ってた頃の孤独な自分を重ね合わせてしまったんです。

 本作の監督を務めたのは、『プレデター』に役者として出演していたシェーン・ブラック。最初に殺されるメガネの軍人ですね。脚本を手がけた『リーサル・ウェポン』が大ヒットして以降、ハリウッドの売れっ子脚本家となるわけですが、2000年代は初監督作の『キスキス、バンバン』(2005)以外はほとんど表舞台に姿を表していません。コテコテのアクション映画が求められた80年〜90年代から、2000年代はマイケル・マンや、クリストファー・ノーランの『ダークナイト』など、“クール”なアクション、現実に根付いた映画が求められていたことが要因かと思います。そんな状況の中、ロバート・ダウニー・Jr.が、マーベルの超大作『アイアンマン3』の監督に引っ張ってくる。でも、あれだけの大作なのに、シェーン・ブラックがやっていることはまったく変わっていませんでした(笑)。結局、この人は“時代に合わせる”ということをしていないんですよね。でも、それがいい。『ザ・プレデター』でも、ルーニーズたちが繰り広げる卑猥な会話とか、本当にくだらないです(笑)。決して善人ではない、でも悪人でもない。そんな登場人物たちが、強大な敵を前にどうやって一矢報いるか、そこに人間らしさが垣間見えるんです。

 プレスでは、「親子の絆やルーニーズたちの関係を大切にした」とシェーン・ブラックは述べていましたが、それは建前で、あくまでアクションシーンありきで作ったように感じます。ストーリーの整合性や、リアリティよりもとにかくアクションが最優先という気概が見えるんです。アメコミ映画は面白いと思う一方で、作品の世界観を大事にし過ぎるあまりに、どうしても映画が停滞する時間があるんです。情報を整理しないといけないから。でも、それが本作にはない(笑)。象徴的なのがルーニーズたちが自己紹介をするシーンで、彼らの会話は移動するバスの中で展開されていきます。文字通り、停滞がそこにはないんです。全体の尺も120分以下ですが、最初から最後まで一切飽きさせることがありません。

      

「シリーズの魅力を再確認! 懐かしさも漂わせる『ザ・プレデター』の“B級”映画らしさ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版