AIが映画界の新たなプレイヤーに 興行予測や「#MeToo」以降の脚本検証ツールとしての機能も

AIが映画界の新たなプレイヤーに 興行予測や「#MeToo」以降の脚本検証ツールとしての機能も

 かつて、フランスの哲学者アンリ・ベルクソンは人間を「ホモ・ファーベル(工作人)」と定義し、人間の本質は「創造性」にあると規定した。それを知ってか知らずか、「創造性は人間特有のもの」という“不文律”が、こと映画界には存在している。

 しかしながら、映画の都ハリウッドにおいて、事態は急変している。

 変化の端緒はNetflix製作の2013年ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』だ。Netflixは全世界1億3000万ユーザーの、「年齢・性別・居住区」や、「何の映画を観たか」「どの監督・俳優が好みか」「途中で離脱したか」といった様々なデータを収集している。2013年、Netflixはそのデータを用い、ある“博打”に出た。

 デヴィッド・フィンチャー監督作品『ソーシャル・ネットワーク』が離脱者が少なく、またケヴィン・スペイシー出演作はよく見られている、そして1990年イギリス版ドラマ『ハウス・オブ・カード』がよくストリーミングされている、といったデータをもとに、Netflixは、本作に100万ドルを投資したのだ。すなわち、Netflixは「データが示す通りに」、監督にデヴィッド・フィンチャー、主演にケヴィン・スペイシーを起用するというチーム・ビルディングを行い、ドラマの方向性を決定した。

 その結果、『ハウス・オブ・カード』は 2013年プライムタイム・エミー賞3部門を受賞し、テン年代を代表する映像作品の一つとなったのである。

 この目覚ましい結果をもとに、「データ」は新時代の脚本作りにとって重要な要素の一つとなり、データに基づいた作品作りを行う製作会社が増えた。中でも、『ダークナイト』や『ハングオーバー!』シリーズを製作したレジェンダリー・エンターテイメントはNetflixを踏襲し、データを活用した作品作りを始めている。

 レジェンダリー・エンターテイメントは、2013年にデータ分析会社StratBridgeを買収した。StratBridgeは、映画のプロット作成の段階で様々な分析を行うことができる。例えば、SNSをクロールして映画に関するデータを収集し、今現在ヒットを飛ばす可能性の高い作品の傾向や、人気のキャスト、監督といった基礎情報、さらにその他の変数が与えられた時に製作予定の作品が受ける影響などの予測を立てる。そうした情報をプロダクションチームと共有し、「どのような映画をどのようなチームで作るか」決定するのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ