>  > 山本美月が語る、『友罪』で考えた普通の意味

山本美月が語る、瀬々敬久監督と考えた“普通”の意味 映画『友罪』インタビュー

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 薬丸岳の同名ベストセラー小説を、『64 -ロクヨン-』の瀬々敬久監督によって映画化した『友罪』が5月25日より全国公開される。元週刊誌ジャーナリストの益田と、17年前に日本中を震撼させた児童殺人事件の犯人で、当時14歳の少年Aと呼ばれた鈴木。2人がある町工場で出会ったことから、それぞれ過去と現在が交錯し、止まっていた時計が動き出す模様が描かれる。

 今回リアルサウンド映画部では、生田斗真演じる益田の元恋人で雑誌記者の杉本清美役を務めた山本美月にインタビューを行った。主演の生田や瀬々監督の印象や、これまでに感じたことのない現場の空気感だったという本作に対する思いなどについて、話を聞いた。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

「何度も何度も脚本を読み返しながら理解していくのがやっとでした」

――非常にシリアスな題材を扱った今回の作品、最初に出演の話を聞いたときの率直な感想を教えてください。

山本美月(以下、山本):主演の生田斗真さんや瑛太さんをはじめ、錚々たるキャストの方々の中に私が入っていくということに対してものすごく緊張しましたし、実際の事件を題材にした今回のような作品に出演するのは最近ではなかなかなかったので、より緊張感が増しました。

ーー作品に対してはどのような印象を受けましたか?

山本:最初に脚本を読んだときのことはあまり記憶になくて……。というのも、登場人物も多いですし、物語も複雑なので、脚本を1回読んだだけでは分からなかったんです。だから何度も何度も脚本を読み返しながら理解していくのがやっとでした。あと、ずっしりとした気持ちになったのは覚えています。

ーー神戸連続児童殺人事件が原作のモチーフになっているだけに、映画のトーンもずっしりとしていました。撮影現場の雰囲気も和やかというわけではなかったことが想像できます。

山本:そうですね。確かに現場には独特な緊張感が流れていました。とは言っても、私は撮影期間が数日だけだったので(笑)。

ーーそんなに短かったんですね。

山本:瑛太さんと夏帆さんとのパートなど出演していないシーンも結構あるので、他の方々のシーンがどうだったかは分かりませんが、私は生田さんとの共演シーンが多かったんです。居酒屋のシーンでは生田さんが気さくに話しかけてくださったのは覚えています。

ーー生田さんとの共演はいかがでしたか?

山本:編集部でのシーンは特に役に入られていて、いつも以上にお芝居に集中されている印象でした。私が演じた清美は説明ゼリフが多かったので、「間違えたらどうしよう」とか勝手に思ってすごく緊張したんですよ。でもNGもほとんど出さず無事に終わったのでホッとしましたね。

――清美は生田さん演じる益田の元恋人で雑誌記者という設定ですね。どのようなことを考えて役作りに臨んだのでしょう。

山本:益田とはもともと付き合っていたという設定もあったので、彼の前でしか出さない女っぽさは必要だなと思って、そこは意識しました。あと、人としてではなく、記者としての好奇心や抑えきれない感じ、興味津々なところはしっかり出そうと思いました。

ーー瀬々監督の作品に出演するのは今回が初めてですよね。監督からは何か注文やアドバイスは?

山本:監督からは「清美は登場人物の中で唯一普通の人だから、普通にして」と言われたんです。それで「普通って何だろう」ということをすごく考えさせられて……。結局、“普通”を意識しすぎると逆にハズれてしまうと思ったので、周りの人との関係性や、記者という職業に頼りながら、“普通”が表現できればいいなと思って演じました。すごく難しかったので、ちゃんと普通に見えていればいいんですけど……。

ーー他の登場人物との色の違いはしっかりと出ていたように感じました。

山本:そう言っていただけると嬉しいです。監督とのやりとりで印象に残っているのは“言葉”ですね。瀬々監督はお芝居の説明をするときに、すごく難しい言葉を使ってくるんですよ。でも、私はそこまで語彙力がないので、言っている意味が分からなくて(笑)。だからどういう意味なのかを毎回質問していましたね。

      

「山本美月が語る、瀬々敬久監督と考えた“普通”の意味 映画『友罪』インタビュー」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版