門脇麦、演技の魅力は“共感力”にあり! 『愛の渦』から『トドメの接吻』まで代表作を分析

「『愛の渦』『二重生活』『トドメの接吻』など、設定や人物造形が“あり得ない”ものであっても、門脇さんの演技を通すと視聴者が『本当にあるかも』と思ってしまう“共感力”がある。あり得ないキャラクターを演じていても、なぜか門脇さんが演じると親近感があるんです。だから、身近な人だと思っていたキャラクターが、徐々に劇中で変貌していくさまに思わず釘付けになってしまう。『闇金ウシジマくん Part2』や『太陽』もそうでした。主役ではなくとも、物語の中に存在するだけで、そのフィクションを説得力あるものにさせてしまう、非常に稀有な存在だと思います。昨年公開の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』では歌声を披露していましたが、その声にも思わず引き込まれてしまうものがあります。唯一無二の共感力と声の良さで、これからもさまざま役に起用され続けるのではないでしょうか」

 2019年には岡崎京子原作・二宮健監督作『チワワちゃん』で主演を務めることが先日発表された。公開待機作の『ここは退屈迎えに来て』、『止められるか、俺たちを』に加えて、また新たな門脇の一面が垣間見えることになりそうだ。

(文=石井達也)

■公開情報
『チワワちゃん』
2019年全国公開
出演:門脇麦、成田凌、寛一郎、玉城ティナ、吉田志織、村上虹郎、栗山千明(友情出演)/浅野忠信
原作:岡崎京子『チワワちゃん』(KADOKAWA)
監督・脚本:二宮健
配給:KADOKAWA
(c)2019「チワワちゃん」製作委員会

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる