エマ・ストーン、性差別に立ち向かう 『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』予告編

エマ・ストーン、性差別に立ち向かう 『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』予告編

 7月6日から全国順次ロードショーされる映画バトル・オブ・ザ・セクシーズ』から予告編が公開された。

 『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンが主演を務め、『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリスがメガホンを取った本作は、“女子テニス協会”を立ち上げたビリー・ジーン・キングの実話を基にした物語。1973年に全世界9,000万人を釘付けにした、女子テニス世界チャンピオンのビリーvs元男子チャンピオンのボビー・リッグスの戦いを描く。

 

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』予告編

 今回公開された予告編は、ビリー(ストーン)がボビー(スティーブ・カレル)から電話で、“男性至上主義のブタvsモジャ脚のフェミニスト”というテニスの試合を申し込まれるシーンからスタート。

 一度は挑戦を拒否したビリーだったが、ボビーの「女をコートに入れるのはいい。でなきゃ球拾いがいない。私を倒したら10万ドルだ。問題は挑む女がいるかだ」という言葉を聞き、すべてを賭けて戦う決意をする。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』
7月6日(金)TOHOシネマズ シャンテほか、全国順次ロードショー
監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス
製作:ダニー・ボイル、クリスチャン・コルソン
脚本:サイモン・ボーフォイ
出演:エマ・ストーン、スティーブ・カレル、アンドレア・ライズブロー、ビル・プルマン、アラン・カミング
配給:20世紀フォックス映画
(c)2018 Twentieth Century Fox
公式サイト:battleofthesexes.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる