>  >  > 『アンナチュラル』伏線回収に鳥肌

井浦新×「Lemon」が切ない 『アンナチュラル』ラストへ向けて鳥肌級の伏線回収を見せる

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、特に今回印象的だったのは、米津玄師による主題歌「Lemon」のタイミングだ。いつもなら死因が判明した終盤の絶妙なタイミングで流れる同曲は、第9話の中盤で中堂系(井浦新)の死んだ恋人・糀谷夕希子(橋本真実)との回想シーンに挿入された。これまでも「夢ならばどれほど良かったでしょう」という歌詞はストーリーとリンクしてきたが、その後に続く「未だにあなたのことを夢に見る」という部分は、夕希子が殺される瞬間の夢を何度も見ると言う中堂の心情とマッチ。さらに、何たる偶然だろうか。レモンの花言葉は“誠実な愛”だ。

 中堂の口ぐせ「クソ」は、夕希子と出会う前から使われていたりと微笑ましい過去が明らかになる一方、夕希子を失ってからこれまで“赤い金魚”を探し続け、今回犯人探しのために全力疾走する彼の姿から感じられたのは、まさに“誠実な愛”。第10話では、殺人の証拠がない中、高瀬を殺人罪で裁くため検証を続けるUDIラボの姿が描かれる。今まで穿いてきた“誠実な愛”のためにも、彼がどうか報われる展開になることを祈るばかりだ。あと1週間で、『アンナチュラル』が放送されない“クソ”な世界が訪れてしまうことが、心から残念でならない。

(文=阿部桜子)

■放送情報
金曜ドラマ『アンナチュラル』
TBS系にて、毎週金曜22:00〜(初回15分拡大)
出演:石原さとみ、井浦新、窪田正孝、市川実日子、池田鉄洋、竜星涼、小笠原海(超特急)、飯尾和樹(ずん)、北村有起哉、大倉孝二、薬師丸ひろ子(特別出演)、松重豊ほか
脚本:野木亜紀子
プロデューサー:新井順子(ドリマックス・テレビジョン)、植田博樹
演出:塚原あゆ子(ドリマックス・テレビジョン)
製作:ドリマックス・テレビジョン、TBS
(c)TBS
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/

      

「井浦新×「Lemon」が切ない 『アンナチュラル』ラストへ向けて鳥肌級の伏線回収を見せる」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版