>  >  > 亀梨和也の色気漂う演技に悶絶

亀梨和也の色気漂う演技に悶絶 『FINAL CUT』第2話で描かれた“情報の種類”とは?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「みんながそう思えば、それは真実になるの」。

 1月16日に放送された『FINAL CUT』(カンテレ・フジテレビ系)の第2話「消された目撃証言」。物語は、中村慶介(亀梨和也)が運営するメディア被害に関する通報サイト『MP.info.net』に、『ザ・プレミアワイド』のディレクター・真崎久美子(水野美紀)についての相談が寄せられることから始まる。彼女に裏切られた過去を持つ慶介は、次なるターゲットとして真崎への制裁を決意。かつて、真崎は「私、早川さんの無実、信じてます」と言葉巧みに慶介の母・恭子(裕木奈江)に近づき、インタビューを行っていたのである。

 第2話では、“見たいニュース”と“真実”がテーマになっていたように思う。今回のターゲットである真崎は、何よりも「視聴者を感情移入させること」に重きを置くフリーのディレクター。特に「見ている人がつい、イライラする。カッとなる。これについてもっと知りたいと思う」ような“怒り”の感情を刺激するスクープを狙っていた。そして、上に行くためには、ギリギリなことをやらなくてはいけないと思っており、そのためなら「なんだってやってやるわよ」と宣言していたように、スクープのためなら手段を選ばない。そう、たとえ“嘘”の情報だと知っていても、“真実”として報道するのだ。

 そんな彼女に慶介は、公開されると人生が終わる映像“ファイナルカット”として、“真実”を突きつける。そこには、指名手配中の犯人に対してお金を渡してまで取材をする真崎の姿が収められていた。「何よこれ! こんなの勝手に撮って。犯罪よ! わかってやってんの?」と怒る彼女に対して、「よく言うよ。散々やってきたろ?」と冷たく言い放つ慶介。続けて、自分が、12年前に起きた“西新宿工場跡地保育園児殺人事件”で、『ザ・プレミアワイド』に疑惑の女園長と報じられた恭子の息子であることを明かす。

 慶介は、当時を振り返り、恭子が最後の望みを真崎に託すも、その想いを粉々にされたことで、絶望のどん底に突き落とされたことを語る。そして「あの時、母さんは訴えた。“真犯人は別にいる。”取材したのに、なんで放送しなかった?」と左頬に涙を伝えながら、真崎に詰め寄った。その質問に対する真崎の答えは、「あの時は、みんな、早川恭子を疑ってた」「みんながそう思えば、それは真実になるの」。この言葉は、真崎が“真実”を伝える気がないディレクターであることを明白にしていた。さらに、慶介が自ら正体を名乗るまで、彼のことを全く覚えていないという点からもまた、彼女の無責任さを感じざるを得ない。

 加害者は、自分が何をしたのかも、被害者が誰だったのかも、ましてやその過去すら覚えていないことがほとんどだ。加えて、メディアともなれば、毎日掃いて捨てるほどのニュースを取り扱っているのだから、自分たちの報道で、一人とその家族の人生を大きく狂わせていたとしても、罪悪感を抱くどころか覚えてすらいない。(公式サイトにて公開されているチェインストーリーを見る限り、真崎は事件自体と恭子が証言していた真犯人“若い男”のことは覚えているようだ)

 そして、メディアが報じた“嘘”も、世間が何も疑わず鵜呑みにすれば、それが“真実”にすり替わってしまうのである。そして、そういうニュースに対して、視聴者が盛り上がりを見せるほど、メディア側もどんどん加速していく。“知る価値のある”ニュースよりも、誇張された“人が見たい”と思うニュースが溢れかえり、偽りの“真実”が生み出され続けていくのである。

      

「亀梨和也の色気漂う演技に悶絶 『FINAL CUT』第2話で描かれた“情報の種類”とは?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版