>  >  > 『コウノドリ』が描いた“生まれたその先”

『コウノドリ』最終回で示した“生まれたその先”の現実 綾野剛のメッセージを読む

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そして、サクラはペルソナに残る。赤ちゃんと家族の人生に寄り添っていくため、それぞれ別の場所で頑張るみんなを繋げることが、一人ひとりの母親の笑顔に繋がっていくと信じて。『コウノドリ』は、私たちに今、医療が直面している現実と共に様々なメッセージを伝えてきた。命に寄り添うことということ、誰も一人ではないこと。先述した舞台挨拶にて、綾野は自分たちができることは「見つめ続けること」だと話していた。私たちが生きる現実も、ペルソナチームの現実も、変わらず続いていく。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■渡辺彰浩
1988年生まれ。ライター/編集。2017年1月より、リアルサウンド編集部を経て独立。パンが好き。Twitter

■放送情報
金曜ドラマ『コウノドリ』
TBS系にて毎週(金)22:00〜放送
原作:鈴ノ木ユウ「コウノドリ」(講談社「モーニング」連載)
出演:綾野剛、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋 ほか
プロデューサー:那須田淳、峠田浩
製作著作:TBS
(c)TBS
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/kounodori/

      
レビューする

【投稿前の注意事項】

・投稿していただいたレビューは全て編集部で確認させていただき、承認させていただいたもののみを掲載させていただきます。

・Real Soundの編集ポリシーにもとづき、投稿していただいたレビューに編集が加わる場合がございます。

※投稿していただいたレビューは全て上記に同意していただいたものとみなします。

※メールアドレスは表示されません。

「『コウノドリ』最終回で示した“生まれたその先”の現実 綾野剛のメッセージを読む」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版