>  > 綾瀬はるか&西島秀俊、死闘の末に選んだ未来

綾瀬はるかvs西島秀俊、死闘の末に選んだ未来 『奥様は、取り扱い注意』最終話で明かされた本音

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 だが、勇輝が彼女に求めたことは叶わず、菜美は自分自身の正義を貫く。そして、闘いの最中に、自分が本当に欲しかったものに気づくのだ。それは、穏やかな生活でもなく、温かな家庭でもない。彼女が一番に追い求めてるのは、スリルであった。菜美は、平穏な生活から生まれる幸せを捨て、刺激的な未来を選択する。

 これまでの10回を通して、彼女は多くの主婦を救ってきた。本当に菜美は、友達のため、勇輝のためにカッコいい自分でいたかったのだろうか。戦闘中に彼女が笑顔で叫んだ「気持ちいい~!」という言葉と、彼女の最後のモノローグ「何というスリル。やっぱりこの人を愛してる」からは、自分のために“スリル”を追い求めただけなのではないかと疑ってしまった。だが、多分どっちも“本音”なのだろう。

 刺激的かつ衝撃的な結末に混乱した視聴者も少なくないはず。なぜ、勇輝は菜美に銃口を向けたのか。菜美は勇輝に撃たれてしまったのだろうか。そして、横溝という人物の本当の目的や菜美との関係性は一体何だったのか。謎は深まるばかり。最後のシーンでは視聴者もまた、心の中で「何というスリル。やっぱりこのドラマを愛してる」と叫んだに違いない。

(文=戸塚安友奈)

■放送情報
『奥様は、取り扱い注意』
日本テレビ系にて毎週水曜夜10時~
出演:綾瀬はるか、広末涼子、本田翼、中尾明慶、銀粉蝶、石黒賢、西島秀俊
原案・脚本:金城一紀
演出:猪股隆一ほか
公式サイト:http://www.ntv.co.jp/okusama/

      

「綾瀬はるかvs西島秀俊、死闘の末に選んだ未来 『奥様は、取り扱い注意』最終話で明かされた本音」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版