『奥様は、取り扱い注意』で新しい作風を確立 脚本家・金城一紀の作家性を読み解く

『奥様は、取り扱い注意』で新しい作風を確立 脚本家・金城一紀の作家性を読み解く

 今作では、伊佐山菜美に、それが反映されている。虐げられた弱者の抵抗を描くことはもちろん素晴らしいのだが、生き延びるために強くなるしかなかった人間が抱えている孤独を、どうやって着地させたらいいのかを描こうとする作家は中々いない。

 菜美は平凡な主婦としての幸せを望みながらも、夫の勇輝に対する疑惑を、見逃すことができなかった。コメディと謳いながら、本作がどこか哀しい物語に見えるのは、菜美がその強さゆえに、この世界の悪と折り合いをつけることを許せないからだろう。

 最終話では愛する夫との対決となるのだろうが、そんな菜美の物語に対して、どのような落とし前をつけるのか、とても楽しみである。

 今作で金城は、今までとは違うポピュラリティを獲得した。彼のような社会的な政治背景をしっかりと取り込んだエンターテインメント作品を書ける作家には、どんどんテレビドラマを描いてほしいと思う。

■成馬零一
76年生まれ。ライター、ドラマ評論家。ドラマ評を中心に雑誌、ウェブ等で幅広く執筆。単著に『TVドラマは、ジャニーズものだけ見ろ!』(宝島社新書)、『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の脚本家』(河出書房新社)がある。

■放送情報
『奥様は、取り扱い注意』
日本テレビ系にて毎週水曜夜10時~
出演:綾瀬はるか、広末涼子、本田翼、中尾明慶、銀粉蝶、石黒賢、西島秀俊
原案・脚本:金城一紀
演出:猪股隆一ほか
(c)日本テレビ
公式サイト:http://www.ntv.co.jp/okusama/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ