沢尻エリカと小池栄子、迫真の演技から目が離せない 『母になる』が問いかける深いテーマ

 前に進むために9年間の自分の思いを封印し、思い出を捨てようとする広と麻子に対し、前に進むためにこれから失った9年間の空白を埋めていこうとする結衣と陽一。彼らの行く末はどうなるのだろうか。

 映画『八日目の蝉』や『そして父になる』など産みの親と育ての親との間の葛藤をテーマにした作品は多いが、毎度それは私達が当たり前だと思っている「家族」の根底を揺さぶり、問いかけてくる。家族とはなにか。これから母になる人も、母である人も、そうでない人も、これは、全ての女性に向けたドラマである。

■藤原奈緒
1992年生まれ。大分県在住の書店員。「映画芸術」などに寄稿。

■放送情報
『母になる』
毎週水曜夜10時〜(日本テレビ系列)
出演:沢尻エリカ、藤木直人、中島裕翔、道枝駿佑、高橋メアリージュン、藤澤遥
望月歩、浅野和之、板谷由夏、風吹ジュン、小池栄子
脚本:水橋文美江
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:櫨山裕子、秋元孝之
演出:中島悟ほか
制作協力:オフィスクレッシェンド
製作著作:日本テレビ
公式サイト:http://www.ntv.co.jp/haha

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる