尾野真千子+香里奈+水原希子!? 『カルテット』で存在感放った女優、高橋メアリージュンに注目

 何より本人の演技が、女優デビューして5年とは思えないほど、安定している。『カルテット』では、理屈っぽい長セリフを明瞭に話していたし、Mummy-Dにお見舞したビンタも思い切りが良くて痛快だった(番組公式ブログによれば、リハーサルまではかなり緊張していたとか)。もちろん、その魅力的な演技の裏ではかなりの努力をしているようだ。『みんな!エスパーだよ!』で美貌の教師を演じる際は、カリスマ性を出すため宗教団体の教祖やマイケル・ジャクソンを参考にしたといい、『新宿スワンII』のときは実際にタバコを吸う練習をしたという。『闇金ウシジマくん』では、低血圧な茜を演じるために、実際に食事から鉄分を抜いたというのだから、その役者魂は相当なものだ。

 今後は、2月26日からNHK総合で放送される『火花』(Netflix制作)でも姿を見せ、出演した映画『PとJK』(3月25日)、『ブルーハーツが聴こえる』(4月8日)の公開も控える。そして、4月クールのドラマ『母になる』(日本テレビ系)ではレギュラーキャストと、話題作への出演が続く。ここから数年は、ゲスト出演や脇役のポジションから主役級にキャリアアップするブレイクポイントを狙う時期になるだろうが、とにかく2017年、最も注目すべき女優のひとりであることは間違いない。

■小田慶子
ライター/編集。「週刊ザテレビジョン」などの編集部を経てフリーランスに。雑誌で日本のドラマ、映画を中心にインタビュー記事などを担当。映画のオフィシャルライターを務めることも。女性の生き方やジェンダーに関する記事も執筆。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ