>  >  > 『咲-Saki-』古畑星夏&山田杏奈の魅力

“ニコモ”出身・古畑星夏&“ちゃおがーる”出身・山田杏奈 『咲-Saki-』で女優として飛躍なるか

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 宮永咲(浜辺美波)が入部を決め、人数が揃った清澄高校麻雀部は、県大会の団体戦へのエントリーを決める。今週放送されたドラマ版『咲-Saki-』第3局は、アニメ版における第4話のプロットをなぞり、ついに清澄高校麻雀部以外のメンバーが登場した。(メイン写真は竹井久を演じる古畑星夏)

 夏菜が演じる“カツ丼さん”こと、プロ雀士の藤田靖子も今後の鍵となるキャラクターのひとりではあるが、やはり注目はライバル校のメンバーである。今回はわずかな出番であったが、強豪校の風越女子と、そして新進気鋭の龍門渕高校がそれぞれ姿を見せた。この後、第4局とスペシャル版、映画版の3回しか機会がないが、できるだけ残りの若手女優たちも取り上げていきたい。

 さて、前回は清澄高校麻雀部から、アイドルグループ所属のふたりを紹介したが、今回は雑誌モデル出身のふたりを取り上げようと思う。まずは麻雀部の部長であり学生議会長(清澄高校では生徒会長とは呼ばないらしい)でもある竹井久を演じる古畑星夏だ。

 この竹井久というキャラクターは非常にクレバーで、リーダー的存在として模範的な描かれ方をされている。高い観察力を持ち、程よい真面目さと適度なあざとさが滲み出ている。ドラマではここまで、彼女が対局しているシーンが登場しないが、今後どのような打ち方を披露してくれるのか気になるところだ。

 ティーン向けファッション雑誌「ニコラ」のオーディションでグランプリを獲得した古畑は、専属モデルとして3年半の間で実に18回も表紙を飾り、当時“ニコモ”のトップに君臨した逸材である。2012年には女優デビューを果たし、2014年に話題をさらった日本テレビ系ドラマ『きょうは会社休みます』で、前半に登場する主人公の恋のライバルを好演し注目を集めた。

 最近では情報番組のレポーターやお天気キャスターを務めるほか、レプロの先輩にあたる新垣結衣主演の『逃げるは恥だが役に立つ』の第1話で、大谷亮平演じる風見に「結婚する気がない」と言い放たれる恋人役を演じたのも記憶に新しい。今後女優として活躍が期待されるトップモデルの一人なのである。

      

「“ニコモ”出身・古畑星夏&“ちゃおがーる”出身・山田杏奈 『咲-Saki-』で女優として飛躍なるか」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版