志田未来、“地蔵ラップ”になぜ説得力? 『レンタル救世主』斬新な役柄を成立させた演技

 ドラマとして、通常なら説明過多になってしまう部分を、ラップの言葉により全ての伏線を回収してしまうというこの手法は、実はかなり斬新である。そして、この重要な役どころを志田が担っているというのも、興味深いところだ。というのも、以前から志田は台本を完璧に覚えて演技にのぞむ女優として有名だからだ。志田が培って来た女優としてのキャリアがあってこそ、成立する手法なのである。

 ちなみにラップの監修や指導は、入江悠監督作品『SR サイタマノラッパー』でもラップ監修担当をしていたP.O.Pの上鈴木兄弟。中盤になってくると、さすがに視聴者も地蔵ラップにも慣れてきたところだが、前回は福原遥が志田未来のごとくラップを繰り広げたりと、ドラマを飽きさせないようにあらゆる仕掛けをしてきている『レンタル救世主』。19日には、人気ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』とのコラボも繰り広げたところで、次はどんな仕掛けを見せてくれるのだろうか。今夜の放送が楽しみだ。

(文=本 手)

■番組情報
『レンタル救世主』
日本テレビ 毎週日曜夜10時30分放送
出演:沢村一樹、藤井流星、志田未来、中村アン 、勝地涼、大杉漣、稲森いずみ
脚本:渡辺雄介
演出:菅原伸太郎、狩山俊輔、鈴木勇馬
制作協力:AXON
製作著作:日本テレビ
公式サイト:http://www.ntv.co.jp/renkyu/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる