>  >  > 風吹ジュン、“母親役”で重宝されるワケ

『あさが来た』では玉木宏のお母さんに なぜ風吹ジュンは“母親役”で重宝される?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 福山雅治、木村拓哉、長谷川博己、玉木宏、綾瀬はるか、北川景子、上野樹里……これ、何のリストか分かります? 実はこれ、ここ5年ほどのあいだに風吹ジュンが、その「母親」を演じてきた役者のリストなんです。というか近年、ドラマや映画の中で「母親=風吹ジュン」の姿を見る機会がとても増えているように思えるのは、決して気のせいではないのです。たとえば、NHK連続テレビ小説『あさが来た』。波瑠演じる主人公「あさ」が嫁いだ先……すなわち玉木宏演じる「白岡新次郎」の母親「白岡よの」を演じたのは、風吹ジュンでした。あさの破天荒な言動に当初は戸惑いつつも、やがてあさの良き理解者として、新次郎ともども、あさを支える存在となった「よの」。彼女の存在がこのドラマに、ある種の安定感とほっこりとした温かさをもたらせていたのは、多くの人が認めることでしょう。そして、先日最終回を迎えた香取慎吾主演のドラマ『家族ノカタチ』。上野樹里演じるヒロイン「葉菜子」の母親「律子」を演じていたのもまた、風吹ジュンでした。その第8話、葉菜子がどうしても言い出せなかった離婚の理由(不妊)を律子に告白するシーン。それは観る者が思わず涙してしまうほど、感動的な「母と娘」のシーンに仕上げられていました。

 主人公もしくは主人公の相手役の母親を、風吹ジュンが演じること。それは何も今に始まった話ではありません。昨年、杏主演のドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』で、長谷川博己演じるもうひとりの主人公「巧」の母親役を演じていたのも、風吹ジュンでした。高等遊民を気取るニートである巧を、突き放すことなく見守りながら同居する母親。このドラマの「母と息子」のシーンにも、何度か目元を潤ませた記憶があります。さらに次のクールでは、木村拓哉主演のドラマ『アイムホーム』で、木村拓哉扮する主人公「家路久」の母親として登場。記憶を失くした主人公に、以前と変わることなく接する姿が、とても印象的でした。名作の影に「母親=風吹ジュン」の姿あり。これはもはや、ある種「鉄板の法則」といっても過言ではないでしょう。しかし、一体いつ頃から、彼女はこれほどまでに八面六臂の「母親ぶり」を各所で披露するようになったのか。まずはその前に、40年を超える彼女のキャリアを駆け足で振り返ってみることにしましょう。

 1973年、初代「ユニチカマスコットガール」に選出され、芸能界入りした風吹ジュン。その翌年には歌手デビューも果たした彼女の魅力は、何と言ってもそのコケティッシュで愛らしい表情と抜群のスタイルにありました。とりわけ、村川透監督の映画『蘇る金狼』(1979年)で、彼女が松田優作相手に演じた濃厚なラブシーンは、のちのちまで語り継がれるほど、実にセンセーショナルなものでした。以降、本格派の「女優」として、数え切れないほど多くの映画やドラマに出演している彼女ですが、その役柄は「謎めいた美女」から、やがて「可愛らしい妻」へと転じていきました。そんな「可愛らしい妻」役として、彼女の代表作のひとつに挙げられるのが、竹中直人監督主演の映画『無能の人』(1991年)です。この映画で彼女は、竹中演じる主人公の妻役を演じ、見事ブルーリボン賞をはじめ各映画賞で助演女優賞を受賞します。そして、中原俊監督の映画『コキーユ・貝殻』(1999年)。この映画で、小林薫と繰り広げた「大人の恋愛」も、非常に印象的なものでした。ちなみに、この年彼女は、原田眞人監督の映画『金融腐蝕列島 〔呪縛〕』で、役所広司演じる主人公の妻役も好演し、そのいずれもが高い評価を獲得するなど、今日に至る「演技派」女優としての彼女の立ち位置は、この時期にもはや完全に確立されたと言えるでしょう。

 そして近年、彼女はその役柄を、「美しい妻」から「温かい母親」へとシフトさせていきました。そこには、90年代から彼女が長らくキャラクターを務めてきた頭痛薬、「ナロンエース」のテレビCMのイメージも影響していたかもしれません。いつまでも美しくて可愛らしいお母さん。それは今日まで脈々と続く、彼女にとって新たなハマり役となったのです。たとえば、是枝裕和監督の映画『そして父になる』(2013年)。そこで彼女は、福山雅治演じる主人公の継母という難しい役どころを、情感たっぷりに演じていました。さらに、塩田明彦監督の映画『抱きしめたい-真実の物語-』(2014年)で、北川景子が熱演した身体の不自由な主人公を温かく見守り続ける、やさしい母親役も風吹ジュンが演じていました。名作の影に「母親=風吹ジュン」の姿あり……は、映画の場合も同様です。一方、同時期のテレビドラマに目を転じてみれば、2013年、綾瀬はるかが主演したNHK大河ドラマ『八重の桜』で、彼女は綾瀬はるか演じる「八重」の母を演じ、強い印象を残しています。そして、その後の「母親=風吹ジュン」の留まることのない勢いは、先述の通りです。

      

「『あさが来た』では玉木宏のお母さんに なぜ風吹ジュンは“母親役”で重宝される?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版