>  >  > 『少女椿』が中村里砂主演で映画化へ

カルト漫画『少女椿』が中村里砂主演で映画化決定 風間俊介、SuGの武瑠らと共演へ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20160211-tsubaki.jpg(c)2016『少女椿』フィルム・パートナーズ

 カルト漫画『少女椿』が、中村里砂主演で映画化され、5月下旬に公開されることが決定した。

 本作は、丸尾末広による同名カルト漫画を原作に、『ミガカガミ』『イケルシニバナ』など国内外の映画祭で数々の賞を受賞したTORICO監督が映画したもの。1984年に原作が発刊されて以来、アニメ映画化もされたが、その内容表現から海外の一部地域では上映禁止となり、その後舞台化はされたものの、実写映画化は30年もの間、何度も試みがされては、企画が立ち消えになっていたという。

 主人公みどりを演じるのは、モデル・タレントとして活躍する中村里砂。本作で、初の演技披露に加え、映画デビュー作で初主演を飾るという大役を担う。共演には、『猫なんかよんでもこない。』の風間俊介、ヴィジュアル系ロックバンドSuGのボーカル武瑠、『花鳥籠』の森野美咲、『アキラNo.2』の佐伯大地、『新宿スワン』の深水元基、作家としても活躍する中谷彰宏らが名を連ねる。また、チャラン・ポ・ランタンが主題歌を担当する。

 本作の舞台は、ある時代の東京。母親が病死し、ひとりぼっちになった14歳の少女みどりは、赤猫サーカス団の団長・嵐鯉治郎に拾われる。個性的で怪しげなサーカス団員にいじめられながら毎日を過ごしていたみどりだったが、ある日、サーカス団にワンダー正光という超能力を持った男が加入する。みどりは次第にワンダー正光と心を寄せ合うようになるが……。

■公開情報
『少女椿』
5月下旬、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
監督・脚本:TORICO
出演:中村里砂、風間俊介、森野美咲、武瑠(SuG)、佐伯大地、深水元基、中谷彰宏
原作:丸尾末広「少女椿」(青林工藝舎)
主題歌:「あの子のジンタ」チャラン・ポ・ランタン(avex trax)
製作:『少女椿』フィルム・パートナーズ
配給:リンクライツ
2016年/日本映画/デジタル/カラー/90分/R-15
(c)2016『少女椿』フィルム・パートナーズ

「カルト漫画『少女椿』が中村里砂主演で映画化決定 風間俊介、SuGの武瑠らと共演へ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版