>  >  > 高橋みなみ、“人身売買”被害者を取材して涙

AKB48・高橋みなみ、人身売買の現実に涙ーー『今 知っておきたい世界のキケン地帯〜』でMCに挑戦

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AKB48高橋みなみとフットボールアワー後藤輝基がMCを務める 『今 知っておきたい世界のキケン地帯に住む人々』が、2月3日の21時から放送される。

 『今 知っておきたい世界のキケン地帯に住む人々』は、普段は決して足を踏み入れることがない、日本人が知らない世界の“キケン地帯”に潜入するドキュメントバラエティー。番組が選抜した“旅人”たちが、アジアとアフリカのキケン地帯を訪れ、そこで体験したことを語っていくという内容だ。

 今回、高橋は旅人としてタイを訪れる。そこで人身売買された女性に直撃取材するも、「なぜ売られたのか」「その時の状況や心情」をインタビューするうちに、その悲惨さに号泣する場面もあるとのこと。

 そのほか、庄司智春(品川庄司)はインドネシアにある有毒ガスが充満する作業場に潜入し、バービー(フォーリンラブ)は西アフリカのトーゴを訪れキケンな儀式を体験、俳優の篠山輝信は、覚せい剤に似た薬物“ヤーバー”が蔓延しているというタイの街を訪れる。

MC 高橋みなみ(AKB48)コメント

今回初めて番組 MC を後藤さんと共に務めさせていただきます高橋みなみです。2016年年明け早々タイにロケで行かせていただきました。タイのイメージは私の中では観光地。人身売買とは遠いイメージでした。 豊かさや発展の裏側で貧富の差ができ、「生きていくためにはお金が必要だ」と仕事を求めた先が犯罪に巻き込まれて行く。知らない現実と向き合った時思わず涙があふれました。 ただ調べれば調べるほど知ることの苦しさより、あまりに無知だった自分が凄く悔しくてたまらなかったです。ぜひこの番組を通し皆さんに世界のキケンを一緒に学び感じていただければと思います!

番組プロデューサー 清水昇コメント

このご時世、“キケンな場所”に取材に行くというのは、本当にキケンなことで、何回かロケ場所を変更せざるを得ない事態になりました。しかし、日本人が知らない“人が日常を安心して過ごせない場所やこと、または将来を不安に思ってしまうところ”は、実にたくさんあるのです。そんな場所を、テレビを通して知る、そして考えるきっかけになればいいなあと、思います。決して難しいことではありませんので、家族そろって見てもらいたいです。 今回、人身売買を取材した高橋みなみさんは、皆さんもご存じのとおり“多くの人を束ねてきた若者のリーダー”です。“知りたいという欲求”と“知ったことをみんなに伝える力” を持った人だと思って今回のロケに是非行ってほしいと思い、出演をお願いしました。高橋さんが“キケンな現場”を突き進む姿は、想像通り、いや想像を超える部分も多く、正直ビ ックリもしました。普段このような番組を見ない人が、“高橋みなみさんが出ているから、 ちょっと見てみよう”と思ってくれたらうれしいですね。

20160126-takahashi-sub1-th-th.png高橋みなみ(AKB48)
20160126-takahashi-sub2-th.png庄司智春(品川庄司)
20160126-takahashi-sub3-th.pngバービー(フォーリンラブ)

■番組情報
『今 知っておきたい 世界のキケン地帯に住む人々』(テレビ東京系 )
放送日時:2016年2月3日(水) 21時〜22時48分
同時放送:TX・TVO・TVA・TSC・TVh・TVQ
MC:後藤輝基(フットボールアワー)、高橋みなみ(AKB48)
旅人:篠山輝信、庄司智春(品川庄司)、バービー(フォーリンラブ)
ゲスト:岩尾望(フットボールアワー)、村瀬哲史(東進ハイスクール)

「AKB48・高橋みなみ、人身売買の現実に涙ーー『今 知っておきたい世界のキケン地帯〜』でMCに挑戦」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版