>  >  > SWに見る、ディズニー“攻め”のマーケティング

オバマ大統領も一役買う? 『スター・ウォーズ』公開に向けた、ディズニー“攻め”のマーケティング

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20151020-SWgoods07.jpg『スター・ウォーズ』キャンベルスープ

 10月10日、オバマ大統領はロサンゼルスに7時間滞在した。その短い滞在のメイン・イベントは、市内の超高級住宅地パシフィック・パリセーズにある映画監督JJエイブラムスの邸宅で行われるグループ・ミーティング。共に民主党の熱烈支持者であるエイブラムス夫妻によるイベントの参加費は一人あたり33,400ドル(約400万円)と目が飛び出るほどの額だが、およそ20名が参加した。その後もオバマはジェイミー・フォックスのプライベート・コンサート、そして駐スペイン米国大使の邸宅などを訪れ、7時間でしめて800万ドルの民主党大会予算を集めあげた。

 アメリカのメディアはファンドレイジング・イベントの仕掛け人の名前と肩書き、最新情報を連日報道。よって、人々の記憶には民主党大会の情報よりも目下の最重要情報がインプットされた。「12月、『スター・ウォーズ』新作、エイブラムス」。それから約10日後、『フォースの覚醒』の最新版ポスターと予告編が解禁になった。あっぱれな情報出しタイミングである。

20151020-SWgoods04.jpg『スター・ウォーズ』ヨーグルト飲料

 この夏以降、ディズニーが仕切る『スター・ウォーズ』は攻めまくっている。スーパーに行けばコラボ商品が溢れ、子供向けのシリアルやヨーグルト飲料から、完全に大人向けのキャンベルスープや、ダークサイド、ライトサイドどちらにも変身できる口紅やマスカラなどの化粧品まで各種取り揃えたコラボ花盛り状態。スナック菓子の箱にミニオンズやスポンジボブにまぎれてヨーダの顔を見つけてしまうと、いい年をした大人もついつい手に取ってしまう罠。ディズニーはコラボする食品に対し厳しい基準を持つことで知られており、コラボ商品はディズニーから“安全”のお墨付きを受けたようなもの。今やFDA(アメリカ食品医薬品局)ではなく、ミッキーやC3POが食品の安全性を示す世の中になってしまったのかもしれない。

20151020-SWgoods02.jpg『スター・ウォーズ』シリアル

      

「オバマ大統領も一役買う? 『スター・ウォーズ』公開に向けた、ディズニー“攻め”のマーケティング」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版