>  >  > 園子温監督 最新作が日本初上陸

園子温監督最新作『ひそひそ星』 劇場公開に先駆けて上演が決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 園子温監督が設立したシオンプロダクションでの初作品『ひそひそ星』が11月21日開幕の「第16回東京フィルメックス」でオープニングで上映されることが決定した。2016年の公開に先駆け、日本では初めての上演となる。

 本作は園子温監督の妻・神楽坂恵を主役に迎え、信頼できるスタッフと共に作り上げた全編モノクロームのSF作品。舞台は機械が支配する遠い未来。女性アンドロイド・鈴木洋子”マシンナンバー722″が宇宙船で遠く離れた星から星へ、絶滅種と認定されている人間へと荷物を届ける物語。

 構想25年を経て完成した『ひそひそ星』は第40回トロント国際映画祭NETPAC賞を獲得したばかり。

◼︎作品情報
『ひそひそ星』
2016年公開予定
監督・脚本・プロデュース:園子温
企画・制作:シオンプロダクション
出演:神楽坂恵、遠藤賢司、池田優斗、森康子ほか
配給:日活

「園子温監督最新作『ひそひそ星』 劇場公開に先駆けて上演が決定」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版