第1期BiS再結成ライブを宗像明将が目撃 解散から10年、メンバーと研究員の想いが交差した奇跡の一夜

第1期BiS再結成ライブを観て

「BiSらしいね笑 / 研究員はやっぱバカだなー / ありがと!」

 これは、解散から10年を経て実現した第1期BiSの再結成ライブ『You’ve been cheated』終了後の渡辺淳之介のXへの投稿である。2014年7月8日に横浜アリーナで開催された解散ライブ『BiSなりの武道館』からちょうど10周年となる2024年7月8日、解散ライブを行ったプー・ルイ、ヒラノノゾミ、カミヤサキ、テンテンコ、ファーストサマーウイカ、コショージメグミ(古正寺恵巳)の6人全員によって、第1期BiSは一夜限りの再結成を果たした。その空間は、強烈な興奮、高揚感、馬鹿馬鹿しさに満ちており、すがすがしいほどだった。かつて第1期BiSを最初から最後まで追った身として、自分自身がどんな感情になるのか予想すらつかなかったのだが、ただただ楽しかったのだ。

 2014年7月8日の解散の後、BiSは再結成をしていないわけでもない。解散ライブ翌日の2014年7月9日には「元BiS」として「元BiSなりのワンマンライブ」を下北沢シェルターで開催している。横浜アリーナの赤字補填だったというが、解散ライブの最後で「明日、元BiSとしてライブをする」と聞いたときは唖然としたものだ。2016年4月29日にBILLIE IDLE(R)が主催した日比谷野外音楽堂での『ANARCHY TOUR FINAL "IDLE is DEAD!?"』では、プー・ルイ、ヒラノノゾミ、カミヤサキ、テンテンコ、ファーストサマーウイカ、ミチバヤシリオという編成で「nerve」が披露されたが、このイベントに出演していたコショージメグミは「nerve」に参加していなかった。

 かくして10年の歳月が流れた。

 再結成ライブが実現した要因として、第1期BiSの最終メンバー全員が今も表舞台にいることは大きいだろう。プー・ルイはPIGGSのプロデューサ兼メンバー、ヒラノノゾミは音楽ユニット「おはなの」のメンバー、カミヤサキは振付師、テンテンコは電子音楽家、ファーストサマーウイカは俳優/アーティスト/タレント、コショージメグミこと古正寺恵巳は大森靖子プロデュースアイドル・MAPAのメンバーとして、それぞれ活躍中だ。さらに、「BiSをもう一度始める」という渡辺淳之介の宣言のもと、2015年に始動し、2023年に解散したBiSHの大ブレイクもあり、失われた第1期BiSへの注目度は非常に高い状態が続いてきた。

 2024年7月1日に渡辺淳之介が6人のシルエットだけの画像をXに投稿したときは、再結成と見せてまったく知らない6人が登場する可能性すらあったが、2024年7月5日に第1期BiSの再結成が正式にアナウンスされた。場所は歌舞伎町シネシティ広場。いわゆる“トー横広場”、新宿BLAZE前広場である。

 そして2024年7月8日を迎えた。無料ライブだが整理券の配布があり、TOWER RECORDS渋谷店で午前11時から整理券が配布されたが、その時間に行ってもすでに整理券は尽きていたという。徹夜組もいたといい、夜が明ける頃にようやく旧研究員(第1期BiSファンの総称)の動きが見えてくる状態だった。情報戦である。この日だけは、現在活動中の第3期BiSと、復活した第1期BiSが同時に存在する世界線となった。

 かくして7月8日19時過ぎ、第1期BiSの再結成ライブがスタートした。前説に登場した渡辺淳之介いわく「祝解散10周年」。3000人が集まっていると述べ、誰ひとり欠けることなく活動していることにも言及した。

第1期BiS『You’ve been cheated』(撮影=宗像明将)
渡辺淳之介

 そして、第1期BiSがステージに登場した……と書くとあっさりしたものだが、10年間もステージ上に全員が揃ったことのない第1期BiSが登場したことに、不思議な感覚に襲われた。そして1曲目は「FiNAL DANCE」。2014年のラストシングル収録曲が、再結成ライブの1曲目を飾ったのだ。この楽曲には〈明日には忘れてる〉という歌詞があるのだが、いやいや、10年後も忘れていなかったではないか、メンバーも渡辺淳之介も研究員も。

 MCでは、この6人による「新生アイドル研究会BiSです!」という挨拶を10年ぶりに聞いた。プー・ルイによると、1年前にコショージメグミと一緒にいたところ、偶然、渡辺淳之介から電話があり、10周年での再結成の打診があったという。

 メンバーの自己紹介で研究員がリフトされるのは第1期BiSの伝統だが、コショージメグミの自己紹介の際にリフトされたのは大森靖子であり、それを見たコショージメグミに「大森靖子!」と言われていた。なお、コショージメグミの自己紹介で大森靖子が初めてリフトされたのは、2014年3月16日に宮城県女川町で開催された『女川町復幸祭2014』である。なぜ知っているかというと、私が大森靖子をリフトしたからだ。

第1期BiS『You’ve been cheated』(撮影=宗像明将)
リフトされる大森靖子

 2曲目は「Give me your love全部」。2011年のデビューアルバム『Brand-new idol Society』の1曲目であり、この楽曲のイントロを聴くと、旧研究員の脳は自動的に沸騰する仕様になっている。意外だったのは、3曲目の「Hide out cut」だ。2013年の楽曲であり、それまでの第1期BiSのさまざまな楽曲の振付が組み込まれている。10年ぶりに見る「Hide out cut」は、否応なしに感傷を運んできた。

 4曲目は「PPCC」。2012年のメジャーデビュー曲だ。ここから研究員のサーフやリフトが激しくなり止まらなくなる。続く5曲目の「Fly」は2013年の楽曲で、ここでも激しいリフトが続く。しかし、音は止まらない。第1期BiSのルールに沿った英断である。

 そんな光景を見て、ファーストサマーウイカは「生きて帰りましょうね」と研究員に呼びかけた。現在の活動を述べていくなかで、テンテンコが現在主催しているイベントが『ぽんぽこ山』だと聞いて、ファーストサマーウイカがここぞとばかりに「ふざけんじゃねえぞ!」とツッコミを入れるのも懐かしい光景だった。ファーストサマーウイカは、このイベントができたのはBiSHの財があってこそ、でもBiSHがあるのはBiSがあったから、BiSがあるのはプー・ルイがいたからだ、とも述べた。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる