松下洸平、宮本浩次……ソロシンガーが半数を占めたアルバムチャート 2作品に共通する“エゴ”との向き合い方

参照:https://www.oricon.co.jp/rank/ja/w/2022-12-05/

 今年の終わりも見えてきた12月、第一週のアルバムチャートには歌手の多さが目立っています。オリコンチャートなのだから当然だと言われそうですが、英語表記のダンスグループやバンドではない、ひとり歌唱で身を立てるソロの歌い手といった意味です。上位から順に桑田佳祐、宮本浩次、松下洸平、松任谷由実、ASKA、氷川きよし、LiSAと続くのだから、「おお……まさに歌手!」という気分になりますね。

 1位の桑田佳祐は名曲揃いのベストアルバムなので、今週は3位と4位、宮本浩次と松下洸平の新作を取り上げます。ことにチャート上において、松下洸平はまだ聞き慣れない名前。NHK連続テレビ小説『スカーレット』で多くの視聴者を夢中にさせたヒロインの夫・十代田八郎を演じ、現在もドラマ『アトムの童』(TBS系)に出演するなど、俳優としてめざましい活躍を見せている松下。そんな彼の音楽活動は、昨年から本格化。ついに完成した1stアルバムが『POINT TO POINT』なのです。

 俳優兼歌手。名前が売れたあとの企画モノと考えられがちですが、松下洸平はもともと音楽家志望。10代で歌手になると決心し、曲を作りながら専門学校に通い、かつては別名義でデビューもしています。2009年からはミュージカル出演をきっかけに俳優デビュー。しばらくは舞台やミュージカル、ドラマなどが活動の主戦場になっていました。

 ロックバンドを夢見て上京した福山雅治が、気づけば俳優としてデビュー、だけども音楽の夢も捨てきれず、両立を選択した話と似ているかもしれません。福山と同じく、松下も音楽の夢を追い続け、2021年『つよがり』で二度目のメジャーデビュー。二足の草鞋を堂々と履き、自らのルーツであるソウルやR&Bを追い求めていきます。芝居の世界で学んできた知見や重ねてきたキャリアが、「俺が!俺が!」の青臭い主張には繋がらなかったのでしょう。ソングライターとして作詞作曲を手掛ける傍ら、UTAや松尾潔らプロデューサーや、Nulbarichのカンノケンタロウ(Gt)のサポートを全面的に受け入れる。チーム全員でより多くの人に届くポップスを目指していく姿勢は、最初から確立されているように思えます。

 アルバム『POINT TO POINT』の楽曲を輝かせているのは、エゴのない透明感、聴き手を選ばない普遍性。そこにチラッと身悶えるエモーションが滲む瞬間がとても美しい。好むものはマニアックだったりサブカル寄りでも、自分で届けるならば老若男女が共感できるものに。この姿勢もなかなか好感が持てます。音楽は末長く続けていくと本人も語っているので、今後どんなヒット曲が生まれてくるか楽しみにしたいところです。

松下洸平 – MUSIC WONDER(Music Video)

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる