Sexy Zone 佐藤勝利が脱ぎ捨てていく“いい子”の鎧 『Endless SHOCK』など通して引き出されてきた表現の余白

 Sexy Zoneの佐藤勝利が、また一回り大きくなった印象だ。この春、KinKi Kids 堂本光一の主演舞台『Endless SHOCK -Eternal-』にて、ライバル役・ショウリを好演した佐藤。『SHOCK』シリーズは、生まれて初めてエンタメに触れた舞台であり「僕の人生を変えた作品」と話していた憧れのステージでもあったことを、ラジオ『VICTORY ROADS』(bayfm)でも熱く語っていたことを考えると、この経験は大きな財産になったに違いない。

【4/9(土)19時~配信スタート!】「Endless SHOCK」本編 無観客特別配信!

 6月26日、同番組では佐藤が舞台について振り返る一幕があった。憧れの舞台、しかも短い準備期間で『Endless SHOCK』の本編とスピンオフ作品である『Eternal』の2本を手掛けたことから、さぞかし苦労話が飛び出すのではと思ったのだが、語られたのは舞台裏のほのぼのエピソードばかり。堂本光一に頼んだという暖簾はまだ届いていないこと。さらに佐藤と旧知の仲である堂本光一のマネージャーがオーダーを取ったという特製の『SHOCK』ジャージについても、いまだに手元にないということで「お金は払ったぞ!」「本番前にせえよ!」とツッコみつつ笑いを誘う。

 また、上演1900回を数える舞台『SHOCK』シリーズにおいて、ライバル役の歌う曲は歴代演じてきたメンバーによって異なったが、佐藤が出演した今作以降は「MOVE ON」に固定されるという。この先も続く『SHOCK』シリーズの新たな伝統の始まりを築く大役を担った佐藤だが、感想としては短く「『MOVE ON』はめちゃくちゃ難しかった」と、少し照れくさそうに笑ったような声で語ったのが印象的だった。

 思い返してみればアイドルとしての佐藤の歩みは、いつだって期待とプレッシャーのド真ん中にいきなり立たされる人生だった。ジャニーズ事務所に入ってわずか約1年という短期間でSexy ZoneとしてCDデビュー。しかもその立ち位置は「永遠の0番」と堂々のセンター。佐藤の容姿については、多くのスターを生み出してきたジャニー喜多川氏の口から「特別かっこいい」と言わしめたほどだ。

 だが、それは一方で成長過程もすべてスポットライトに照らされる運命でもあった。通常ジャニーズアイドルは、ジャニーズJr.として先輩のバックにつき、実力と自信をつけてからデビューという夢を掴む。だが、佐藤はそのプロセスを一気に飛ばしてデビューした形に。誰かの背中を追いかけたり、横に並ぶライバルと切磋琢磨したりすることなく、いきなりステージの真ん中に立つという苦悩は誰かと共有するのが難しい。

 そう考えると、堂本光一が会見などで佐藤のキャスティングについて「ある意味あの(ライバル)役は勝利にあっていないと思う」と語っていたのも頷ける。多くのジャニーズアイドルが経験したはずのコンプレックスや焦燥感とは全く異なるものを背負った佐藤が、ライバル役を演じるという難しさ。それでも今回佐藤を抜擢した理由について、堂本光一は「俺的には役には合ってないけど、何かそこで面白い反応が生まれるといいなと思って」と、ラジオ『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送、※3月7日放送回)で話していた。

 実際に、佐藤はこれまで様々な作品でジャニーズの先輩や他グループのメンバーと共演を果たすたびに、新たな一面を見せてくれた。努力家で真面目な人となりから、どこか“完璧ないい子”という印象を持たれがちな佐藤。だが、作品の中に生きる役柄を通じて、次々とその“いい子”の鎧を脱ぎ捨てていく。“アイドル・佐藤勝利”としては言葉にできなかった何かが、役を通じて語りかけてくるような感覚だった。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる