【EXILEを紐解く5つの質問】20周年特別企画、メンバー全員リレーインタビュー第3回:AKIRA

EXILEリレーインタビュー第3回:AKIRA

 2001年9月27日のメジャーデビュー以降、メンバーの勇退や加入を繰り返しながら、音楽シーンの最先端を走り続けているダンス&ボーカルグループEXILE。2021年9月27日にデビュー20周年のメモリアルイヤーに突入した。

 リアルサウンドでは、EXILEの20年とこれからの活動に向けた「EXILE20周年特集」を展開中。その特集の一環としてメンバー全員登場のインタビュー企画をスタートする。EXILEの20年の歩みの中で、それぞれがどのように活動し、ファンやシーンと向き合ってきたかを5つの質問を通して紐解いていく。

 毎週更新のリレーインタビュー、記念すべき第3回はAKIRAの思いを聞く。(編集部)

■思い入れのあるライブ or 楽曲(シングル、アルバム)

AKIRA:HIROさんが勇退を発表されたタイミングでリリースした「EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~」は、今の自分に至るための原点となっている楽曲ですし、自分がいろいろと覚悟を決めた楽曲でもあるので、思い入れが強いですね。最終的にHIROさんは『EXILE LIVE TOUR 2013 “EXILE PRIDE”』というツアーで勇退されたのですが、メンバーやファンの皆さんに惜しまれながら、讃えられながら見送られていく姿がとても印象的で。スタッフの皆さんにも愛されリスペクトされていましたし、ドーム会場の隅々までHIROさんイズムが行き渡っている様子を見ながら、EXILEやアーティストの在り方をHIROさんの背中からたくさん学ばせていただいたなと、しみじみと感じました。同時に、これからは自分達がその看板を背負って、EXILEという大きな船の舵を取っていけなければいけないなと思った瞬間でもありましたね。

■EXILEのメンバーとして心掛けてきたこと

AKIRA:僕らはEXILEであると共に、LDHという会社の一員でもありますので、LDHが掲げる“Love, Dream, Happiness”という大きなテーマと日々向き合いながら活動しています。実際、EXILEの歴史は全て人ありきと言いますか、自分達だけで成り上がってきたわけではなく、EXILE TRIBEの仲間との出会いやたくさんの関係者の方々の支え、ファンの皆さんの愛情を感じながら活動してきて。その繋がりの中でさまざまな化学反応が起きて、皆さんと一緒にたくさんの時代を築き上げてきました。ですので、その出会い一つひとつへの感謝は、これまでも、そしてこれからも大事にしていきたいと思っています。

ーー14人体制になってからは、今まで以上にさまざまな分野に挑戦する“攻めのEXILE”を感じている方が多いと思いますが、AKIRAさんはEXILEの変化に対してどんな想いを抱いていますか?

AKIRA:EXILEはこれまでもメンバーの勇退や加入など、さまざまな形に変化しながら前進してきたグループですが、EXILEがそのままEXILEであり続けるというよりも、自分達の在り方や本質、イズムやソウルを大事にしながらも、“変化し続ける”という姿勢をとっています。最後のオリジナルメンバーであるATSUSHIくんの勇退を経て、今の14人で新たなEXILEの在り方を見出して確立できた時、本当の意味でのLDH第2章が築き上げられるのかなとも思っています。“形あるものに永遠はない”と思いますが、だからこそ変化し、挑戦し、いつの時代もその時々の世代や、自分たち自身が輝き、進化し続けることで、新たなLDHエンタテインメントの創造と継承に繋がっていくのかなと思っています。

■ファンとの繋がりを感じた瞬間

AKIRA:僕とTAKAHIROが加入した後、メンバー7人とファンクラブの皆さんで行ったハワイ(『“EX FAMILY” in HAWAII ~ライブツアー打ち上げ2007~』)もそうですし、その都度、写真撮影会や特典会でファンの方とお会いする機会がありました。さまざまなイベントをやってきましたけど、中でも『EXILE TRIBE LIVE TOUR 2021 “RISING SUN TO THE WORLD”』は特に印象的でしたね。コロナ禍でイベントが規制される中、世界で初めて有観客でドームクラスのライブを開催したのは、実は僕らのこのライブだったんですよ。

ーー決断するまでには、さまざまな葛藤がありましたよね。

AKIRA:コロナ禍においてはいろいろな持論があると思いますが、僕らはエンタテインメントの呼びかけから、何か微力でも収束に繋がる可能性を見出せたらなと。真逆の発想ではありますけど、ライブをすることによって怖がられるのでなく、ライブからコロナ禍の収束へ導いていけたら、エンタテインメントに関わる者として希望を感じられるなと思い、勇気を出してチーム一丸となってライブ開催を決断しました。もちろん、LDHコロナ対策チームを作り、関係各所さまざまなアドバイスを受けて、研究を重ねながら徹底した環境作りが大前提でした。

ーーそういう想いが元となって、「Save Your Neighbor ~みんなで守りあおう~」を合言葉に会場でチャリティグッズ販売などを行われたんですか。

AKIRA:そもそもライブを開催するためには、ライブにお越しくださるお客様の協力が必須ですからね。いくら専門家や政府の方々のルールに従って僕たち演者が予防対策をしても、お客様がルールを守ってくださらなければ意味のないことでしたので。お客様が会場のマナーを徹底して守り、ファンの方同士で気遣い合って一致団結してくださっている姿を見て、皆さんとの“繋がり”を強く感じましたし、とても誇らしかったです。

 チャリティもそうですが、来場してくださったお客様一人ひとりが家に帰ってからもリーダーシップをとり、自分だけでなく周囲の方にEXILE TRIBEのライブで感じていただいた“予防対策への団結力”のもとで「Save Your Neighbor」を呼びかけてもらうことで、収束に近づくんじゃないかと希望を感じることができました。1つもトラブルなくツアーを終えられたのは、ファンの皆さんの絆と団結力、僕らへの愛情のおかげだと思っています。本当に感謝しましたし、こんなに大人数でも一丸となれるんだと感動しました。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる