乃木坂46 生田絵梨花、「10年の歩み」から白石麻衣&高山一実との思い出明かす 「懐かしくも若いなという感じ」

乃木坂46 生田、白石&高山との思い出明かす

 12月2日、UDX THEATERにて、今年活動10周年を迎えた乃木坂46のこれまでの活動を凝縮した「“10th Anniversary” Documentary Movie『10年の歩み』」の完成披露試写会が行われ、メンバーの生田絵梨花、鈴木絢音、久保史緒里、遠藤さくらが登壇。乃木坂の10年間への思いとこれからについて語った。

 「“10th Anniversary” Documentary Movie『10年の歩み』」は、乃木坂46の10年間の活動を密着しつづけたカメラが収めた、本当の乃木坂46の姿、そして彼女たちの成長の軌跡を約150分に凝縮したドキュメンタリームービー。12月15日に発売される乃木坂46初のベストアルバム『Time flies』完全生産限定盤に収録されるが、リリースを前に完成披露試写会が行われた。この日は乃木坂46から1~4期を代表して、すでに卒業を発表している生田絵梨花(1期生)、鈴木絢音(2期生)、久保史緒里(3期生)、遠藤さくら(4期生)の4人、そして今回の映像作品の監督をつとめた高野寛地が登壇した。

 まず「10年の歩み」の注目のポイントについて生田は「『ガールズルール』のMV撮影で、まいやん(白石麻衣)と謎のしりとり遊びをしてるところだったり、昔のバースデーライブだと思うんですけど、かずみん(高山一実)と、とにかく振り付けを必要以上にキメまくるみたいなシーンがあって。ふざけまくってる感じが懐かしくも若いなという感じで、皆さんに楽しんでもらえたらと思います」とコメント。鈴木は「1期生の先輩と初めてご挨拶させていただいたところを見ていただきたいなと。個人的にも人生が変わった瞬間ですし、乃木坂にとっても2期生の加入がグループとしていい方向に進んで行っていればいいなという思いを込めてそこを選びます」、久保は「3期生のオーディションに合格した後の楽屋の様子」、遠藤は「初めて参加させていただいた選抜のMV撮影。私と賀喜遥香ちゃんと筒井あやめちゃんの3人がまだ幼かったり、あの頃まだ先輩方とあんまり話せていなかったので、3人の様子を注目していただけたら」と、生田以外はそれぞれの初めてのシーンが注目ポイントだと語った。

生田絵梨花

 この日の衣装は、ベストアルバム 『Time flies』の10周年記念メンバーカスタムジャケット盤で着用されている衣装。生田は初めてセンターに立った「何度目の青空か?」の衣装、鈴木は2期生がオーディション中のシングルだったことと、個人的に好きな曲という「君の名は希望」の衣装、久保は初選抜入りで思い入れのある「シンクロニシティ」MVの衣装、遠藤は「ぐるぐるカーテン」の衣装を選び、「乃木坂が大好きですし、乃木坂を作って支えてきてくださった先輩方への尊敬の意味も含めて」と理由を説明した。

遠藤さくら

 “これまで乃木坂メンバーに一番助けられた瞬間”について鈴木は「オーディションに合格してから3年間秋田から通いながら活動をしていて、ライブのリハーサルに出れないことが多く、2期生のメンバーが新しい振りが入ったら動画を送ってくれたこと」と語り、遠藤は「今年2回目のセンターをさせていただいた時に、先輩からの労いの言葉や優しさで救われたことが多くて、こんな時にあきらめちゃいけないな、頑張らないと、と何度も思い直せた」と語る。生田はバースデーライブを挙げ、「“全曲披露”というコンセプトがあるので、どんどん長尺になっていくし、同じセトリがないので、頭をフル回転させなきゃいけなかったり、普通だったら、うわーって爆発しそうになるところ、メンバーがすごいのが、どんな時も笑っている。そういうみんなの姿に助けられて、いつも乗り越えられてきた」と振り返った。久保は2018年に休業していた時期に触れ、「戻る時期を決めずに休業に入ったので、自分自身もいつ戻ったらいいのか分からないし、先輩の一言で戻る決心がついた。戻った後も先輩方が“おかえり”と抱きしめてくださった。先輩方に優しい声をかけていただいて、同期が優しく抱きしめてくれたのがあって、今こうして乃木坂の10年目に立ち会えているんだなと思う」と、それぞれが支え合って活動を頑張れているエピソードを語り、乃木坂の絆を深さを感じた。

鈴木絢音



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる