M!LK、メジャーデビューで再確認したグループのアティテュード ファンとの絆=「Ribbon」に込めた“攻めの決意”

M!LKが込めた“攻めの決意”

 これまで11枚のシングルと4枚のアルバムをリリースし、ライブ活動はもちろん、テレビやラジオなどでも個々の才能を発揮しながらファン層を広げてきたM!LK。結成から7年、グループとしての形を少しずつ変化させながらも確実にパワーアップしてきた彼らが、11月24日、シングル『Ribbon』で<ビクターエンタテインメント>からメジャーデビューした。新たな仲間と共に、これまでと変わらないスタンスでさらなる楽しみを見つけていこうとする5人に、デビュー作『Ribbon』にまつわるエピソードや、グループとしての現状などを聞いた。(山田邦子)

M!LK – Ribbon (Official Teaser)

「メジャーデビュー発表は初めていい涙が流せた日」(吉田)

吉田仁人

ーーメジャーデビューおめでとうございます。『M!LK BEST L!VE TOUR 〜Thank you for your smile〜』のZepp Tokyoでのワンマンで発表した時、客席の反応がすごかったですね。

塩﨑太智(以下、塩﨑):よかったです。あんなに一緒に喜んでくれて。

吉田仁人(以下、吉田):発表したのはファイナルの東京だったけど、あのツアーは、全国に自分たちのことを応援してくれている人たちがいて、その人たちがいるからメジャーデビューを発表することができるんだっていう意識を持って臨んだんです。あの日はみんな、“泣いてるのは嬉しいから”っていう状況だったじゃないですか。今まで振り返るとM!LKは結構大変な時もあったから、初めていい涙が流せた日だったなって思いました。

佐野勇斗(以下、佐野):そうだね。

ーーあの日はメンバーに対するサプライズではなく、自分たちで映像も準備してファンに発表されましたよね。ということは、だいぶ前にメジャーデビュー決定を知らされていたわけで。誰かに言いたくて、ムズムズしていたんじゃないですか。

曽野舜太(以下、曽野):確かに(笑)。

山中柔太朗(以下、山中):「誰にも言わないでね」って言われてたからね。

曽野:僕、みんなに言っちゃった(笑)。

佐野:みんなに言ったの!?

曽野:家族には、ね。

塩﨑:僕、親には言ったけど、兄弟には言わなかった。ペラペラ喋っちゃうとまずいから(笑)。

吉田:僕も家族には言った。弟はあまりピンときてなかったみたいだけど、両親は「すごいね」って。

佐野:全然覚えてないんだよなぁ。家族には言ったと思うけど記憶が(笑)。

ーーこの人にデビューの報告ができて嬉しかった、みたいな人はいましたか?

山中:うちの父親はサザンオールスターズが好きだから、そういう意味でも言えてよかった。

曽野舜太

ーー同じレコード会社からのデビューですからね。

曽野:僕は、高校の数学の先生ですね。僕が高校生活を3年間やってこれたのはこの人のおかげっていうくらい、(芸能活動とのやりくりを)上手いこと調整してくれて、放課後に自分で授業を作ってくれて、単位を取れるようにしてくれたんですよ。あの先生がいたから、僕は学校を辞めずにいられたっていうくらいの人。合宿中にも電話を掛けてきてくれたんですが、デビューのことを伝えたら「ほんまおめでとう!」って喜んでくれて嬉しかったです。

吉田:それは本当に恩師だね。すごい。

ーーでは改めて伺ってみたいのですが、M!LKの強みってどういうところだと思いますか?

佐野:当たり前かもしれませんが、ちゃんと自分の本音で意見を言えるところ。今はアドバイスも注意も自分の気持ちも、メンバーには思っていることを言える環境だと思っているんです。信頼関係が築けているからだと思うけど、それが言えるというのはみんなが同じベクトルに向かっているから。そこは強みだと思います。

山中:僕もそう思います。その上でさらに、いろんな人がいていろんな意見があるというのも強みだと思う。あと、現実を見ているところ。もちろんいい意味です。それこそメジャーデビューしますって聞いても「わーい!」みたいな感じではなくて。レーベルが変わる、関わるスタッフさんが増える、じゃあ僕らは何をしなきゃいけないの? っていう話し合いもしましたしね。そういう冷静な一面をちゃんと持っているところかなと思います。

「今よりもっと大きくなる可能性がよく見える」(塩﨑)

塩﨑太智

ーーそういう感じだと、リーダーとしても意見をまとめやすいのでは?

吉田:僕自身、抱え込んでしまう人間なのでありがたかったですね。みんな、必ず相談するんですよ。誰かに、何かを。だからヒアリングがしやすいし、まとめやすい。それに、伝える言葉が違うだけで思っていることは大体一緒なんですね。ちゃんと意思疎通もできているなって思います。強みという意味で言うと、M!LKは本当に恵まれている。もちろんスタッフさんにもだし、個人的には、メンバーそれぞれに会えたことも恵まれているなと思う。今まで何かをちゃんと頑張ってきた人が集まってるんですよ。サッカーも然り、勉強頑張ってましたとか。

吉田:何かを頑張ってきた人って、絶対に成果を出せると思っていて。根性あるし。あとは、メンバーの卒業ということをみんな経験しているから、どんなことに対しても当たり前と思わないところ。早めに、ちゃんと経験値を積んできているところも強みだと思います。

ーーM!LKはメンバーの卒業や加入もプラスに変えてきた。それはきっと誰もが認めるところじゃないかなと思います。

吉田:そうですね。

山中:”プラスに変えてきた”って言ってもらえるのは嬉しいね。

ーー塩﨑さんはどうですか?

塩﨑:僕はメンバーの中でも一歩離れて見ていることが多いと思っているんですが、一人ひとり可能性があるなっていうのはいつも思いますね。今よりももっと大きくなる可能性が、すごくよく見える。僕らって結構ふざけてわちゃわちゃしてるように見えていると思うんですけど、意外とみんな考えていて。将来と向き合っているというか、自分の人生をどうするのかって考えているグループだと思います。

ーー可能性で言うと、山中さんと曽野さんが加入したタイミングのシングル曲「Over The Storm」は新生M!LKとしてのわかりやすい所信表明だったし、チャートアクションも好調で、結果も残しましたよね。個人的にはそこからすぐメジャーに繋がってもおかしくなかったんじゃないかなと思っていたのですが。

佐野:なんかこう……メジャーデビューしたいっていう気持ちが僕らの世界線になかったというか。他の事務所の人たちはたぶんデビューするために頑張ってて、世間の認識としても、メジャーデビューがいわゆるデビューだと思うんですよ。

塩﨑:CDを出せてるか、出せてないかじゃない? その点、僕らはすでに出させてもらってたからね。

曽野:うんうん。EBiDANはちょっと特殊なのか、固定グループを組んで名前がついたら、それがメジャーデビューに近い感覚なんですよ。

山中:EBiDANのグループはいろんな形式を取っていることがあるから、僕らの中でも、いつかメジャーデビューしたい! みたいな考えに結びついていなかったというか。

佐野:決まった時にはちょっとした戸惑いというか、「え、何事?」って感じでしたからね。

塩﨑:その時は違いがわからなかったから(笑)。

山中:メジャーデビューすることによって、やるべきこともやれることもこんなに増えるんだよってことに気づけた今は、すごく嬉しいことだなって思いますけど。

ーーよりいいものを作っていこうっていうスタンスに変わりはない、と。

塩﨑:はい。変わらず、ですね。

曽野:きっとファンの人たちも一緒だよね、その気持ちは。

山中:スタッフさんもそれをわかっていたから、僕らに対してサプライズじゃなく、普通に一人ひとりに話してくれて準備をして行こうってなったのかなって思います。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる