上白石萌音、いしわたり淳治&末光篤による新曲「I’ll be there」が『王様のブランチ』新テーマソングに決定

上白石萌音、新曲が『ブランチ』テーマ曲に

 上白石萌音の新曲「I’ll be there」が、情報バラエティ番組『王様のブランチ』(TBS系、毎週土曜午前9時30分)の10月からの新テーマソングに決定した。

 1996年4月にスタートし、今年で25周年というアニバーサリーイヤーを迎えた『王様のブランチ』。今回テーマソングとして書き下ろされた上白石の新曲は、作詞をいしわたり淳治、作曲を末光篤(SUEMITSU & THE SUEMITH)が手がけた、ピアノの旋律が華やかなポップナンバーだ。自分らしく生きていく決意を映し出すポジティブな歌詞が、上白石の爽やかで大らかなボーカルを際立たせている。

 新テーマソング「I’ll be there」の音源は、本日25日放送の『王様のブランチ』生放送内で初公開。10月13日に発売するダブルA面シングルに収録される。

上白石萌音コメント

何度もお世話になっている番組に、これからは毎回携われるなんてとてもうれしいです!
番組冒頭で佐藤栞里さんが挨拶される時の弾けるような笑顔をイメージしながら歌いました。
土曜の朝に元気をくれる『王様のブランチ』に、そっと寄り添えますように。

プロデューサー 寺田裕樹コメント

今回、10月からの『王様のブランチ』テーマソングを歌ってくださるのが上白石萌音さんに決まり、心の底からうれしく思っております。
以前、上白石さんのライブに足を運んだ際、瑞々しくて優しい歌声なのにパワフルな一面もあって、聴き終えた時にすごく元気をもらったことを今でも強烈に覚えております。

今回の曲「I’ll be there」はそんな上白石さんの魅力が余すところなく詰まっていて、透明感のあるメロディで始まり、朝日と風に包まれているようなサウンドが心地よくて、サビではとても高揚感があり元気をもらえる曲になっています。
一度耳にすれば爽やかな情景が頭の中にスッと浮かんでくる方も多いのではないかなと思います。
悩んでいる時、もがいている時にこの曲を聴けば、背中をそっと押してくれるような感覚になって、「よし、もう少し頑張ろう」と前を向かせてくれる、そんな優しいパワーに満ちている一曲です。
『王様のブランチ』は今年で25周年を迎えましたが、これからも皆様の土曜日の朝にそっと優しく寄り添い、平日の疲れを癒やし、休日に笑顔が一つでも増えればという思いで放送を重ねていきたいと思っております。上白石萌音さんの「I’ll be there」とともに、引き続き10月からの『王様のブランチ』もどうぞよろしくお願いいたします。

■番組公式サイト・SNS
[公式HP]https://www.tbs.co.jp/brunch/
[Twitter]https://twitter.com/brunch_TBS
[Instagram]https://www.instagram.com/brunch_tbs/
[LINE]https://line.me/ti/p/%40brunch
[YouTube]https://www.youtube.com/channel/UCjtR_S49LdxeGRnhcyvqHBA



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる