『SUPERSONIC 2021』KYGO、FRANK WAKLER出演キャンセル STEVE AOKI、ZEDD、ALAN WALKERによるB2Bセット決定

 9月18日、19日にZOZOマリンスタジアムにて開催される『SUPERSONIC 2021』へ出演予定だったKYGO、FRANK WAKLERのキャンセルが発表された。

『SUPERSONIC』

 KYGO、FRANK WAKLERは9月19日に出演を予定していたが、アーティストの都合により急遽来日がキャンセルとなったとのこと。この日のヘッドライナーはSTEVE AOKIが務め、STEVE AOKI、ZEDD 、ALAN WALKERによるスペシャルセットがクロージングを飾る。チケット払戻しの希望者は9月30日まで受付が行われている。

クリエイティブマン代表 清水直樹 コメント

今週月曜の朝に、突然9/19ヘッドライナーのKYGOからキャンセルの連絡が入りました。この直前での通達には納得出来ないので、1日話し合いをしましたが状況は変えられませんでした。そしてすぐにSteve Aokiに相談をして彼がヘッドライナーになる事とクロージングで世界初のSTEVE, ZEDD and ALAN WALKERのスペシャルB2Bセットの実現が決まりました。海外アーティストにおいては、延期が決まった1年前からスケジュールをおさえてくれて、厳しい書類審査と検査をした上に、隔離期間を経て出演してくれます。日本からのアーティストも私達の示す感染予防対策を理解してもらい出演していただき改めて感謝致します。フェスに出ることへのアーティストに対する批判を目にしますが、同じ意見を持った音楽業界の団体でもっとアーティストを守れないものかと話し合いをしています。

そして、当日来場いただくお客様においてはアプリの活用と以下のルールをお守り下さい。

1 入場時のアプリ入場画面の提示、検温と手消毒と現地への直行直帰(終演後のJR増便が決定しております)
2 マスクの着用と大声の禁止(当日スーパーソニック専用のマスクとケースを配ります)
3 酒類の持ち込み禁止と手荷物検査の協力(場内での酒類の販売はありません)
4 密集しないように間隔を空けた客席の使用

4 に関しては現在チケットのキャンセル対応も行っているので、1万人を切る動員が予想されます。客席はアリーナ、スタンドで30,000席弱の用意をしているので安全な間隔をとって下さい。また今回のチ ケット売り止めで来場がかなわなかった皆様には、17LIVEにおいて生配信を行います。配信アーティストは後日発表いたします。

千葉県、千葉市及び幕張ベイタウン自治会と話し合いをさせて頂きここまで来ました。 皆様にご迷惑をかけないように、今週末ZOZOマリンスタジアムにてスーパーソニックを開催致します。1年6ヶ月待ちに待った来日公演の始まりです。この場にいた皆が、洋楽フェスの新たな幕開けの日に私はここにいたのだと未来で語れますように。

SUPERSONICオフィシャルサイト



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる