スティング、ロックダウン中に制作された新アルバム『ザ・ブリッジ』リリース 第1弾先行シングルも公開

スティング、新アルバム『ザ・ブリッジ』リリース

 スティングが、ニューアルバム『ザ・ブリッジ』を11月19日にリリースする。

 今年3月にこれまでのデュエット/コラボレーションから選曲して1枚にまとめた『デュエッツ』をリリースしたばかりのスティングだが、本作はオリジナルアルバムとしては2016年の『ニューヨーク9番街57丁目』以来5年ぶりの新作となる。

 なお、リリースの発表と合わせて、アルバムより第1弾シングル「イフ・イッツ・ラヴ」が先行配信された。

Sting – If It’s Love (Official Audio)

 ロックダウン中の昨年1年をかけて制作/録音された本作は、スティングが信頼を寄せるミュージシャンたちをリモートで集め作業を進めたという。メンバーはドミニク・ミラー(Gt)、ジョシュ・フリース(Dr)、ブランフォード・マルサリス(Sax)、マヌ・カチェ(Dr)、マーティン・キーゼンバウム(Key)、フレッド・ルノーディン(Synth)、バックボーカリストのメリッサ・ムジーク、ジーン・ノーブル、ジョー・ローリー、ライラ・ビアリが参加。プロデュースはスティング自身とマーティン・キーゼンバウムが手掛けた(1曲のみ、スティング、マヤ・ジェーン・コールズ、マーティン・キーゼンバウム)。

 『ザ・ブリッジ』は、スタンダードCD、デラックスCD、LP、カセット、デジタル配信の各形態でリリースされる。デラックスCD・LPにはボーナス・トラックが3曲収録され、日本盤CDにはボーナストラックが1曲追加収録される。日本盤はCD通常盤とDVD付デラックス盤の2形態が発売されるとのこと。

 スティングは今月末からライブを再開する予定で、9月27日のシチリア公演、9月30日・10月1日にはアテネの歴史的なイロド・アティコス音楽堂でパフォーマンスする。さらに、10月29日〜11月13日には『マイ・ソングス:ザ・ラスベガス・レジデンシー』と題したシーザーズ・パレスのザ・コロシアムでの公演が予定されている。

『ザ・ブリッジ』

■リリース情報
スティング
『ザ・ブリッジ』
2021年11月19日発売
Sting / The Bridge
試聴・予約:https://umj.lnk.to/Sting_TheBridge

【日本盤】
ボーナス・トラック1曲収録/日本盤のみSHM-CD仕様/スティングによるライナーノーツ・日本語訳付

【CD+DVDデラックス盤】
UICY-79755/4,070円(税込)/日本独自企画盤/7インチ・サイズ・パッケージ/折込ポスター2枚封入

【CD通常盤】
UICY-16021/2,750円(税込)

<収録曲>
[CD]
Rushing Water
If It’s Love
The Book of Numbers
Loving You
Harmony Road
For Her Love
The Hills on the Border
Captain Bateman
The Bells of St. Thomas
The Bridge
Waters of Tyne
Captain Bateman’s Basement
(Sittin’ on) The Dock of the Bay
I Guess the Lord Must Be in New York City

[デラックス盤DVD]
・Interview & Track by Track<日本語字幕付>
・If It’s Love(Music Video)
・Rushing Water(Music Video)

■関連リンク
公式サイト(日本)
OFFICIAL SITE(海外
Instagram(海外):https://www.instagram.com/theofficialsting/
Twitter(海外):https://twitter.com/OfficialSting
FACEBOOK(海外):https://www.facebook.com/sting



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「リリース情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる