ジャニーズWEST、多数のボーイズグループ抑えてチャート首位 音楽への愛情が滲み出たシングルに

参照:https://www.oricon.co.jp/rank/js/w/2021-08-09/

ジャニーズWEST
ジャニーズWEST

 ジャニーズWESTというグループは、メンバーやスタッフの音楽への愛情という点で頭ひとつ抜けている印象があります。このチャート連載でも、2021年に入ってから、1月のシングル『週刊うまくいく曜日』、3月のアルバム『rainboW』、5月のシングル『サムシング・ニュー』を続けて取りあげてきました。「週刊うまくいく曜日」はサンボマスターの山口隆が作詞作曲した爽快なソウルナンバー、「サムシング・ニュー」はあいみょんが作詞作曲した一癖あるコード進行が心地いいロックナンバーで、メンバーの重岡大毅や神山智洋が作詞作曲した楽曲もカップリングに収録するなど、クオリティ、そして音楽と向き合う姿勢という点でひときわ輝いていました。

 そのジャニーズWESTが、早くも今年3回目の週間シングルランキング1位を獲得したのが『でっかい愛/喜努愛楽』(2021年8月9日付)。これもまた、彼らの音楽への愛情が滲み出ているシングルです。今週はベスト10のうち実に8組が男性グループでしたが、そのチャートを制したのはジャニーズWESTでした。

 「でっかい愛」の作詞は、東京じゃけんの岩越涼大、作詞家の村野直球、Jazzin’parkの栗原暁による共作で、作曲は岩越涼大がひとりで担当、編曲はジャニーズ関連ではおなじみのha-j。「でっかい愛」では、ブラスセクションの音色がアメリカ南部の香りでサウンドを満たします。メロディとコード進行が生み出す高揚感も格別ですが、それがメンバーのボーカルと有機的に絡み合い、一段上のリスニング体験をもたらします。ユニゾンで歌っても、メンバーそれぞれの個性が出てくるのがジャニーズWESTというグループの面白いところです。

ジャニーズWEST – でっかい愛 [Official Music Video (Short Ver.)]



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる