JO1『STRANGER』リリース記念オンラインショーケース現場レポ パフォーマンス、トーク、感謝の思い…すべてが詰まった時間に

JO1『STRANGER』リリイベレポ

 2021年7月31日、『JO1 4TH SINGLE「STRANGER」リリース記念オンラインショーケースイベント』が行なわれた。本稿では、現場取材に伺って見えた様子も含めてレポートしたい。

 本番前開始数分前、與那城奨、川尻蓮を筆頭にステージに登場したメンバーたち。一人ひとり、観客席に向かって「よろしくお願いします」と頭を下げてからステージ中央に向かっていたのが印象的だ。川尻は「Freedom」の歌パートを念入りに練習をし、大平祥生は豆原一成と一緒にセルフィーを撮り、河野純喜は観客席に向かって「アリーナ! 見えてるよー!」と手を振りながら叫ぶ。ここでもメンバーたちの個性が見える。

 スタッフからカウントダウンの声がかかると、河野の「テンション上げてこー!」という掛け声で、イベントがスタート。「GO to the TOP! JO1です!」とおなじみの挨拶でオープニングを迎える。MC・藤田琢己の進行で、早速4thシングル表題曲「REAL」について語られた。「まだ見ぬ自分を発見していこうという曲」と與那城が話をしている脇では、豆原、木全翔也、鶴房汐恩の3人が踊っており、楽しげな雰囲気が伝わってくる。「REAL」のダンスで難しかったところを聞かれた川尻は、「MVを見た方はわかると思うんですけど、あそこです」と1サビ終わりのダンスブレイク部分を挙げる。さらに、白岩瑠姫が「誰とハグしてもいい関係ができてるので」と、今回センターを務める川西拓実とハグダンスを披露。白岩と川西がダンスをする際、メンバーたちが歌い、列の端では佐藤景瑚と川尻もハグ。全員で盛り上げるところがJO1らしい。

 初披露となる「REAL」のパフォーマンスでは、そんな和気あいあいとした雰囲気が一転。11人の息があったパフォーマンスは迫力満点で、またしても彼らの成長を感じることができた。特にラストの部分、MVでメンバー2人ずつが画面に映っていたパートは生のパフォーマンスならではのフォーメーションで、見どころの一つになっていたように感じる。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる