二宮和也、パズドラ実況で広がったファンとゲーマーのやさしい世界 ラジオで交わした新たな約束

二宮和也
二宮和也

 嵐の二宮和也が6月27日、ラジオ『BAY STORM』(bayfm)に登場し、YouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」で投稿した初ゲーム実況動画について振り返った。

 5月21日に投稿された動画は、人気アプリゲーム『パズル&ドラゴンズ』(以下パズドラ)のゲーム実況動画。ゲーム画面がメインで、二宮の姿は字幕に添えられた顔写真のみ。さらに話の内容は「初手、僕の場合はアリナ使って変身して。学園ヴァレリアに付いてるカードなんだけど、そのカードのスキルを使って遅延させて、いいところまでノーチラスを変身させようと……」と、パズドラをやっていない人からしたら、すぐに頭の上に大きなハテナマークが浮かんでしまいそうなもの。

 そんなクセが強めの動画であるにもかかわらず、視聴回数は238万回を突破(6月30日現在)と、他の動画に負けず劣らずの人気ぶり。さらに、『BAY STORM』にもたくさんの感想が届き、「ノーチラス」という言葉がSNSのトレンド入りを果たすなど、大きな話題を呼んだ。なぜ、これほどに注目を集めたのか。

列界の化身に挑戦!ノーチラスヤバい…。

 その理由のひとつは、多くの二宮ファンがすでにこの“置いてきぼり”感を楽しむ免疫を、ラジオで身につけていたから。2016年にはゲーム実況のYouTuberへの憧れを語り、キャラクターやガチャ、ダンジョンについて言及するパズドラトークも通常運転で披露されていた『BAY STORM』(※1)。「(『パズドラ』に)人生をかけている」「俺、親友って『パズドラ』しかいないもん」などいくつもの名言が飛び出すほどの入れ込みよう(※2)。

 二宮が話すたびに聞き慣れないワードに首をかしげることになるが、二宮自身が楽しんでいることはひしひしと伝わってくるラジオ。そんな時間を一緒に過ごしてきたリスナーにとって、二宮のYouTubeでのゲーム実況動画投稿は、同じくらい長年の夢だった。「アリナ?」「ヴァレリア?」と、ラジオからYouTube動画になっても相変わらず何を話しているのかわからないが、「とりあえずノーチラスが強いということはわかった」と微笑ましく見守っていることがコメント欄から伺えた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる