伊藤美来、斉藤朱夏、芹澤優、東山奈央の素顔も明らかに? 音楽&朗読&トークで見せた新感覚のステージ

伊藤美来や斉藤朱夏らが見せた新感覚ステージ

オリジナル朗読劇とカバーで多彩な魅力を発揮

伊藤未来

 トリを務めた伊藤未来は、「マスク越しではあるけど、皆さんの笑顔が見られてうれしいです」とコメント。爽快なサウンドに乗せて手を振り上げて盛り上げた「Shocking Blue」。ミックダンサーズの2人を伴って、息の合ったパフォーマンスでも楽しませた「all yours」。芹澤優と共演が多いことから「せっかくなので優ちゃんと出た作品の曲を歌います」と、アニメ『上野さんは不器用』オープニングテーマ「閃きハートビート」も披露し、会場に爽やかな風を吹かせる。最後は最新曲「No.6」で、数字の6を作る振り付けをみんなで一緒に踊って楽しんだ。

 トークコーナーでは、普段の様子を聞かれ「寝るのが好きで、いつもダラ〜ンとしています。誰かに誘われないと外に出ません」と、インドアな素顔に、天津 向もタジタジだった。

 このイベントの目玉となったのは、中盤に上演されたオリジナル朗読劇『Memento』だ。同作は、TRUEの楽曲「memento」をモチーフに『探偵オペラミルキィホームズ』シリーズの原作・原案など手がける小玉励の脚本による、このイベントのために制作されたもの。自暴自棄になったOL(東山)の元に、天使(芹澤)と死神(伊藤)が現れ、そこへピザの配達にやってきたアルバイト(斉藤)が加わり……。最後はほっこりと胸が温かくなるコメディで、観客は笑いを必死にこらえながらストーリーの行く末を見守っていた。

 最後は、それぞれが影響を受けた楽曲や、今伝えたい楽曲をカバー。芹澤は「ハルヒで声優を知って今の私があります」と、『涼宮ハルヒの憂鬱』のオープニングテーマ「Super Driver」を選曲し、アッパーのナンバーを飛び跳ねるように歌った。斉藤は「コロナ禍になってよく聴く曲で、背中を押してもらえる」として、サンボマスターの「できっこないを やらなくちゃ」をカバーし、ロックコンサートさながらの熱いパフォーマンスを繰り広げた。伊藤は、作曲家・園田健太郎との出会いがアーティストとしてターニングポイントだったとし、園田が手がけMachicoが歌ったアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』オープニングテーマ「fantastic dreamer」をカバー。そして東山奈央は、「この曲のメッセージが広がっていきますように」と願いを込め、坂本真綾が歌ったアニソン史に残る名曲「プラチナ」を選曲。未来への希望がまっすぐ歌われた楽曲で、やさしくも力強い前向きな思いが爽やかに広がった。そしてラストには、またこのイベントで再会できることを願って、アニメ『のんのんびより りぴーと』エンディングテーマ「おかえり」をオールキャストで歌い締めくくった。

 人気のアニソンが楽しめるだけでなく、女性声優の素顔と今に触れることもできる、新感覚のアニソンフェス。好評に応え2022年3月5日と6日に第2回の開催も発表。声優シーンがさらに広がる起爆剤イベントになりそうだ。

■榑林史章
「山椒は小粒でピリリと辛い」がモットー。大東文化大卒後、ミュージック・リサーチ、THE BEST☆HIT編集を経て音楽ライターに。演歌からジャズ/クラシック、ロック、J-POP、アニソン/ボカロまでオールジャンルに対応し、これまでに5,000本近くのアーティストのインタビューを担当。主な執筆媒体はCDジャーナル、MusicVoice、リアルサウンド、music UP’s、アニメディア、B.L.T. VOICE GIRLS他、広告媒体等。2013年からは7年間、日本工学院ミュージックカレッジで非常勤講師を務めた経験も。

■ライブ情報
『EJ My Girl Festival 2022』
2022年3月5日(土)・6日(日)
会場:舞浜アンフィシアター

「My Girl」特別号が発売中
https://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g302104000250/

EJ My Girl Festival 2021公式サイト
https://ej-music.jp/

EJ My Girl Festival 2021公式Twitter 
htpps://Twitter.com/ejamfes



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる