Non Stop Rabbit、バンド&YouTuberの活動で掲げる大きな夢 「変に壁を作っていると“国民的”にはなれない」

ノンラビが掲げる大きな夢

 昨年末にメジャーデビューを果たした3ピースロックバンド・Non Stop Rabbit(ノンラビ)が、メジャー1stシングル『三大欲求』をリリースした。

 彼らはバンド活動と並行して、総チャンネル登録者数77万人、総再生回数2億9500万回の人気チャンネル「【ノンラビ】ノンストップラビット」を持つYouTuberとしても活動中。今回初めてのシングルで掲げたのは「三大欲求」に勝るほどやりたいこと=音楽にかける熱い思いだ。

 バンドやYouTuber、あらゆる垣根を越えながら一つひとつ夢を叶えている田口達也・矢野晴人・太我の3人にシングル収録曲の話を軸にたっぷりと話を聞いた。(編集部)【インタビュー最後にプレゼント情報あり】

地上波番組出演、心霊スポットでのライブ…ノンラビ近況

Non Stop Rabbit(写真=池村隆司)
ーーメジャーデビューから約半年が経ちましたね。

矢野:まだまだ実感はないですね。実感が足りない理由のひとつとしては、ライブがないのが大きいのかな。直接ファンに会えないから。

田口:強いていうならば、自分たちが出てるテレビ番組を家で観たり、タワーレコード渋谷の巨大看板になったりとか、そういうのを見ると、「メジャーだな」って思いますけど。

ーー『バズリズム02』や『プレミアMelodiX!』など、いわゆる地上波の音楽番組に出た感想は?

太我:隣の楽屋がLiSAさんだったんですよ。それを見て「あぁ、こういうところに来てしまったんだ」という実感はありましたね。

田口・矢野:「来てしまった」?

太我:来てしまいましたね……。普通にファンなので、そういう人たちと同じ番組で、同じラインナップで出られるって、インディーズではなかなかないじゃないですか。そこでメジャーを実感しました。

田口:そこ?

ーーちなみに、ご挨拶なんてことは。

太我:時間がなかったし、タイミングが合わなくて。でもトイレに行けば、結構すれ違えそうになるんですよ、LiSAさんと。

矢野:「すれ違いそう」ってなに?

太我:だから、僕1時間に8回くらいトイレ行ってました。

田口:必要以上にウロウロしてたよね。

太我:トイレに行っては、めちゃくちゃ手洗ってました。

矢野:しょうもな!

ーー動機が何にせよ、このご時世、手を洗うことはよいことなので……。では、周囲や環境の変化で実感することはあると。

矢野:そうです。周りの反応、友達や親戚とかも含めて。

田口:親が自慢げですよね。

矢野:嬉しいことですけどね、楽しみにしてくれてるんで。

田口:Facebookとかで俺らが出てる番組をシェアしはじめました、「息子です」みたいな(笑)。

矢野:うちの親もLINEのタイム履歴は俺のことばっかりです。

ーーいい話ですね。

太我:お父さんから連絡が来て、「メジャーデビューアルバム(『爆誕 -BAKUTAN-』)の「最後のキス」めちゃくちゃ良かったよな」って。……お父さんが好きになる曲じゃないんですよね(笑)。まあ、応援してくれてます。

矢野:うちの母親は「音の祭」が好きだそうです。

田口:めちゃくちゃロックじゃん。

ーーお話を伺っていると、本当に周りの変化が大きいということで。

矢野:いつだってそうですよ……(遠い目)。離れていくときは離れるし、いつだって周りだけなんですよ、変わっていくのは。

田口:なんかヤなことあったの?

ーーバンド活動の話に戻しますと、やはりライブができないのは大きいですよね。

初回限定盤DVDには特典用に撮影したライブ映像が付属する

田口:やりたいですけど、でもこだわりはあるので、やるにしても今は違うなっていう部分が大きいです。やるにしても人数制限するんだったらお金は取りたくないですね。

ーーそれはなぜですか。

田口:ソーシャルディスタンスをとったライブはゆっくり観れるのはいいかもしれないけど、僕らがやってきたライブって会場がお客さんでパンパンで皆でぐちゃぐちゃになって、そこでやっとお金をいただける権利が与えられると思うんですよ。それがない、「じっとして聴きなさい」ってライブは、お金を取るに値しないんじゃないかと。それが僕らの持論ですね。

矢野:まあ……、お金、どうしてもくれるっていうんだったら、もらいますけど(笑)。

ーーたとえば、先日はYouTubeチャンネルで心霊スポットでライブをするなど、ノンラビならではのライブ動画をアップしてましたね。

山奥の心霊スポットで幽霊相手にフェスしたら映った。【歌ってみた】

田口:自分たちならではのアイデアで色々やりたいと思っています。でもアレ、本当に霊感強い人が観たら本当に「いる」そうで、怖くて見れなかったと言ってました。俺らは居ないつもりでやってたけど……。

ーーオーディエンスはちゃんといたと。

田口:見える人には見えるんだそうです。

矢野:あの日から、うち、結構物音すごくなっちゃって……。嘘じゃないっす、本当なんです。毎晩、女性のハイヒールの音が聞こえるんですよ。

ーー霊のお持ち帰りをしてしまった。

矢野:正直、土足はやめてほしいですね(笑)。

「三大欲求」に勝ることを仕事にできてるってすごいこと

Non Stop Rabbit(写真=池村隆司)
田口達也

ーーメジャーファーストシングルの話も伺いたいんですが、取材前に編集さんとも「三大欲求」というタイトルに反して、めちゃめちゃ熱い曲だなと話していたんです。

田口:多分それ僕らのイメージでこのタイトルだから変に感じるんですよね。

ーー先入観! すみません!

田口:先入観ですね。僕らもそれわかっててやってるんで(笑)。これもYouTubeをやっていたからこそ生まれたアイデアというか、釣りサムネみたいなものですよね。曲をまだ聴いたことがない人、とくにファン以外の人って、タイトルだけ見て判断するじゃないですか。タワーレコード渋谷の看板もですけど、そこに「三大欲求」の言葉があったら、めっちゃインパクトありますよね。まず知ってもらう、興味を持ってもらうことが大事なので。

ーーなるほど。

田口:……といいつつも、これは実は後付けで、サビのメロディと歌詞から先に来ていたので、僕らからしたら「三大欲求」って変なイメージは全くなかったです。だから後から周りからも「すごいですね」って言われたけど、「いやいや、そんなつもりはない」みたいな。

矢野:デモ段階から今の頭サビのイメージがありました。「三大欲求」って僕の中ではめちゃくちゃかっこいい言葉なんですよ。インパクトあるし。今までの人生で「三大欲求」について変なイメージを持ったことがなかったし、そもそもあんまり触れてこなかったので、僕の中ではかっこいい曲に合ったタイトルという感じですね。

田口:つまり皆さんの心がちょっと汚れてる……。

ーーそれは我々の心がちょっと。

編集部:「三大欲求」の言葉に変なイメージがあるわけではなく、「三大欲求の全てを手に入れるぜ!」的なノリの曲なのかと思ったら、実は真面目に夢について歌っている曲だった、という意外性ですね。

ーー完全に私だけですね、申し訳ございません。

田口:でも俺らのイメージもあるかもよ。YouTubeやってて、完全に「三大欲求」って言われたら俺らは「性」なんですよ。

矢野:そっかそっか、そう見えてるのか。大事だね、誰かにそう見られてるっていうのを自覚するっていうのは。勉強になりました。

田口:(笑)。真面目にこの曲について補足すると、そもそも、自分たちは今ライブができないけど、それでも音楽を続けたい。そのくらい好きなことをやってるときって、他の欲求なんか考えてない、寝食忘れて気がついたら朝みたいなことってザラじゃないですか。そんな「三大欲求」に勝ることを仕事にできてるってすごいことなんだなと。

ーー田口さん監督によるドローン撮影のMVも壮大です。海外のメディアやTikTokを中心にバズっている「ゴミ拾い侍」こと一世一代時代組も出演しています。これはどういった経緯で?

田口:僕が役者を目指していたときの後輩で、僕らは今ありがたいことに音楽を仕事にできているけど、まだ後輩は本当の意味で結果を出せていない。「これから売れてやる」っていう卵の状態だけど、それでもやっぱり好きなことに対する感覚は一緒で、すべてを忘れてやってる。だからこそ、今回のMVに出演してもらいました。それに、あいつらがすごくなって、世界的な俳優になったときに……バーターでいけますから(笑)。

矢野:恩を作ったってことね。

田口:俺らは「あのとき出してやったよな?」って(笑)。

Non Stop Rabbit 『三大欲求』 official music video 【ノンラビ】

書き下ろしは得意? 念願のアニメタイアップも実現

Non Stop Rabbit(写真=池村隆司)
矢野晴人

ーー(笑)。このシングル4曲、バラエティに富んでいますよね。

田口:そこは意識しました。曲的には1枚でシングルだけどアルバムみたいなボリュームがほしいし、自己紹介できるような幅を見せられるようなものにしなきゃいけない。歌詞の方向性は今このライブができない状況、ご時世があったから自然と揃った感じです。できないことが目先にありすぎて、だからこそやっていいことをガンガンいこうぜみたいな。

ーー2曲目の「静かな風」はノンラビには珍しいバラードですね。

田口:このタイプの曲は初挑戦だと思います。

ーーしかも、前回のインタビューのときに、太我さんは「アニメのタイアップを取りたい」と仰っていましたが、ついに!(TVアニメ『ドラゴン、家を買う。』エンディング主題歌)

【ドラゴン、家を買う。】ノンクレジットED映像/Non Stop Rabbit『静かな風』

太我:めちゃくちゃ嬉しくて、もう泣きましたね、家で。

田口:嘘つくな!

太我:いや、本当に(笑)。

矢野:いや嘘だろ、そのトーンのやつ(笑)。

田口:その「本当に」は嘘なんだよな(笑)。

太我:でも、やっぱり本当に嬉しいですよね、何かの主題歌になるって。だって、ひとつの作品にオープニングとエンディングの枠が2つしかないわけじゃないですか。よく選んでくれたって感じですね。

ーーそこはポニーキャニオンの営業能力によるものなのでしょうか。

太我:はい、それはもう「ポニ力」ですね。

田口:なにそれ、「ポニ力」ってなに?

太我:ポニーキャニオンの力を実感しました。

ーー最初のドラムも気持ちよさそうな……。

太我:そうです、そのまま気持ちよくなって、1番の間、何もしないっていう。

田口:ははは!

太我:1番何もしなくて、あ、やべってなってますね。ライブでもそのままなにもしないから、そのあと入るのを忘れないか不安になるんで、気を付けないと。

ーーこれはアニメの話が決まって作った曲なんでしょうか? それとも後から?

田口:話をもらってから漫画を読んで作った曲です。あてがきですね。作りやすかったです。先に答えがあるから、そこに合わせて作っていく感覚でした。多分向いてるんですよね、その方が。これはアピールです。「書き下ろし得意やで」っていう。

ーー書いておきますね(笑)。

田口:お願いします。

Non Stop Rabbit(写真=池村隆司)
Non Stop Rabbit(写真=池村隆司)
Non Stop Rabbit(写真=池村隆司)
田口達也
矢野晴人
太我
previous arrow
next arrow
 
田口達也
矢野晴人
太我
previous arrow
next arrow

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる