SHINee テミン、エンターテイナーの心意気見せた入隊前ラストソロライブ サプライズ尽くしでファンへの感謝を表現

SHINee テミン、エンターテイナーの心意気見せた入隊前ラストソロライブ サプライズ尽くしでファンへの感謝を表現

 韓国のボーイズグループ SHINeeのテミンが5月2日、約1年4カ月ぶりとなるソロコンサート『Beyond LIVE – TAEMIN : N.G.D.A (Never Gonna Dance Again)』をオンラインで開催した。

 コンサートは、昨年リリースされた3枚目のアルバム『Never Gonna Dance Again』収録の2曲「Think Of You」「I Think It’s Love」から幕を開けた。シルバーのエクステンションをつけたミディアムヘアをハーフアップにしたヘアスタイルに、ゆったりとエフォートレスな衣装に身を包み、スタンドマイクでボーカルを聴かせるパフォーマンス。ダンスがシグネチャーのテミンとしては少し意外なオープニングだが、去年から考えていたというコンサートのタイトルについて、最初のMCで、「『Never Gonna Dance Again』なので、もちろんダンスはこれからも続けるが表現方法についていろいろ考えた」と言っていた通り、あえてダンスメインではないパフォーマンスをオープニングに持っていったのかもしれない。

 オープニングVCRが終わると、モノトーンに十字架があしらわれた衣装と眼帯という姿で、「Guess Who」「Sexuality」とゆったりとしたどこかセクシーな雰囲気のパフォーマンスからスタート。「Criminal」では手首を拘束されたままダンスが始まり、クライマックスで眼帯を投げ捨てるパワフルなパフォーマンスを見せた。「IDEA・理想」の後のMCでは『Never Gonna Dance Again』へようこそ。本当に待ち望んでいた瞬間です」と視聴者を歓迎した。

 続く「Heaven」は床のモニター全体にさざ波のような映像が流され、幻想的な雰囲気の中床が斜めに前傾した状態でのパフォーマンスがより“天上感”を盛り上げた。「DOOR」ではさらに斜めになったままのステージで両腕と上半身を白いバンドで拘束され、目隠しのままのダンス。「開けたら最後。二度と閉めることができないという禁断のドアを開かないで」という歌詞の内容を、センシュアルに表現してみせた。続く「MOVE」はテミンのソロではお馴染みの菅原小春による振付で、極限まで抑制した動きという、ダンサーとしてはさらに高次元での表現力が要求されるパフォーマンス。テミンならではの妖艶な世界観が炸裂したセクションを締めくくった。

 2番目のVCRでは、画面に「Just Me And You」の文字が浮かぶと、全身黒の衣装に身を包んだダンサーと呼吸を合わせ、椅子を使ったコンテンポラリーなダンスを見せた。「影は僕自身の自我を表している」というアーティスティックなパフォーマンスで、テミン自身も「とても気に入っている」と後でコメントしていた。

 VCRが終わると、青いベルベットのような衣装に着替えたテミンが登場し、日本オリジナル楽曲「さよならひとり」の韓国語バージョン「Good Bye」で、圧倒的なパフォーマンスを披露。続く「Shadow」を終える頃には額には汗が光り、MCで「髪を結んでやったら綺麗に見えると思ったんですが、僕が激しく頭を振ったみたいですね」と髪の乱れを気にする場面もあった。「非対面のコンサートは対面とはかなり違いがありますが、やはりどうやってカメラ写りを良くするかについてたくさん悩んだ」「どのようにカッコ良く見せるか、ということを一番気にした」というMCにもあったが、コメント欄を見る限りでは、ファンにとっては髪の乱れや汗もリアルな姿を感じさせる良いものだったようだ。

 「直接読み上げるのは恥ずかしいですね」と照れながら世界中のファンから寄せられたコメントを読む場面では、「テミンは人間じゃなくて神様だ」「イ・テミンがジャンルそのものだ」などの熱いメッセージが寄せられていた。以前、ファンからのオンラインコンサートをやらないのかという問いに「僕のライブはオンラインで全てを見せるのは難しいように思う」と言っていたテミンだが、今回はファンが近くで見ている雰囲気を味わえるようにカメラやリフトステージなどを取り入れたとのことだ。「公演のために一番気にしていることは?」という質問に対しては「昔はただ一生懸命やるという気持ちだったが、今回は全体的に力を調整することにとても気を遣いました」と答えていた。

 続くパートは「皆さんを誘惑しようと思って作った」という「WANT」から。続く「Drip Drop」は原曲よりもパワフルなアレンジで、よりダイナミックにパフォーマンスされた。

 この後始まった3番目のVTRは、過去の楽曲を今のテミンが再現してみせるもの。「Danger」「MOVE」「Press Your Number」といったソロの曲だけではなく、スタンドマイクダンスの「Dream Girl」、初めて音楽番組で1位をとった「Love Like Oxygen」、デビュー曲の「Replay -君は僕のeverything-」といったSHINeeの楽曲も盛り込まれていた。特に「Love Like〜」や「Replay」の時の髪型を再現したマッシュボブには、コメント欄での反応も熱かったように感じられた。デビュー以降のテミンの歴史を振り返ることのできるような映像の最後には、5月にリリース予定のアルバムの収録曲「Advice」の文字とビジュアルが登場し、その流れのまま実際のステージで「Advice」のパフォーマンスを披露するサプライズで、新作への期待感を高めた。そこから「Pinocchio」「Black Rose」と続き、「Danger」は日本公演でも披露されたことのある「Sherlock」とのリミックスバージョン。怪盗=Dangerと名探偵=Sherlockのせめぎ合いのような、クライマックスへと加速していくようなパフォーマンスが繰り広げられた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる