乃木坂46 4期生、異例の『Mステ』単独出演は必然? 「I see…」ブレイク以降の躍進を辿る

 乃木坂46 4期生の勢いが止まらない。その象徴の一つと言えるのが本日5月7日放送『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)への4期生単独出演。2018年に生田絵梨花がミュージカル『モーツァルト!』で共演の山崎育三郎と単独出演した例はあったものの、期生としての『Mステ』出演は彼女たちが初めてとなる。

『B.L.T. 2021年3月号』

 披露するのは賀喜遥香がセンターを務める4期生曲「I see…」。昨年3月にリリースされた25thシングル『しあわせの保護色』収録の楽曲で、ディスコサウンドや多重コーラス、メロの繋ぎに使用されるサックス、ダイナミックな大サビの展開が「SMAPっぽい」とたちまち話題に。現在までにYouTube公式チャンネルのMVは1900万回再生を突破しており、シングル表題曲以外では異例の数字となっている。リリースから1年が経ち、『乃木坂46のザ・ドリームバイト!』(フジテレビ系)をはじめ、自身らの冠番組『ノギザカスキッツ』(日本テレビ系)や主演ドラマ『サムのこと』(dTVオリジナルドラマ)にも使用され(どんな番組にも馴染んでしまうのがこの楽曲の強度)、「I see…」はファンにとってはもはや馴染み深いメロディと言える。4期生としては、『プレミアMelodiX!』(テレビ東京)、『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)、『シブヤノオト』(NHK総合)、『カミオト -上方音祭-』(読売テレビ)と出演を重ね、ついに『Mステ』まで上り詰めたという印象。また、出演発表に合わせて、グループの公式チャンネルに「I see…」のMVメイキング動画がアップされている。

乃木坂46 『I see…』
乃木坂46『I see…』メイキング動画

 この4期生の『Mステ』出演は、確実に既存のファン層以外へのリーチに繋がっていくはずだが、その先に見据えるのが放送翌日に開催される『9th YEAR BIRTHDAY LIVE~4期生ライブ~』、そして6月9日にリリースする27thシングル『ごめんねFingers crossed』だ。

 4期生にとって単独ライブは、初お披露目の半年後、2019年5月に横浜アリーナで開催された『23rdシングル「Sing Out!」発売記念ライブ ~4期生ライブ~』、追加で配属が決定したメンバーを含めた昨年12月の16人初単独配信ライブ『乃木坂46 4期生ライブ2020』に続き3度目。当初は16人での初の有観客ライブとなる予定であったが、緊急事態宣言の発令を受け、残念ながら無観客配信公演に変更となってしまった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる