堂本光一、念願のSQUARE ENIXとのコラボに喜び 「盛大な職権乱用」

堂本光一、念願のSQUARE ENIXとのコラボに喜び 「盛大な職権乱用」

 “和のファンタジー”をテーマに作り上げたShort Movieには、殺陣やフライングなど『Endless SHOCK』を彷彿とさせるシーンも盛り込まれている。堂本は、自身が話した些細なことから壮大なストーリーを作り上げ、アイテムひとつとっても選びきれないほどハイクオリティなデザインを用意する野末氏の、プロの仕事に感銘を受けたと話す。その言葉を受け野末氏は、堂本の舞台を観劇した際に「生半可な気持ちではできない」とプレッシャーに近い気持ちを感じ、堂本の“凄さ”に応えなければと思った、と明かした。

 また「これまで“生”の世界、代わりがきかない世界で仕事をしてきた」と語る堂本にとって、CG作品のリアリティと無限の可能性は衝撃だったといい「ゆくゆくは俺、要らなくなっちゃうんじゃないかな」とも感じたという。一方で野末氏は「目の前にいても、この人は存在するのかしないのか、不思議な感覚の人」「逆にCGが要らないのでは」と、堂本の第一印象を振り返り、さらにはCGを越えてくるほどの身体能力とオーラに「なんて人を相手にしてしまったんだ、と思った」とも語った。

 「CGで良いのでは」「CGが要らないのでは」という互いへのリスペクトを込めた意見は、セッション中に何度も交わされた。「できれば今回が最初で最後ではなく、序章であってほしい」と語る堂本は、イベント中にも次から次へとアイデアを語る。“雑談程度”としながらも、今後の展開について野末氏と意見を交わすこともあるといい「新しいエンターテインメントの形ですよね」「ワクワクする作業」と目を輝かせた。一方で、CGの可能性や技術に対し「負けてられないですよね」「生身の身体だからこその可能性も模索していきたい」と語ると、野末氏もまた「こちらも頑張って、光一さんに負けないようにしなければ」と応えた。

 2人は、今回の出会いを通し互いに刺激を得たという。堂本は「“雑談から、そんなにも世界を広げていくんだ”って。そういう演出家になりたいですね。自分は頭が硬いほうなので、もっと柔軟に、可能性や世界を広げていきたい」、野末氏は「長く芸能のトップを走って、かつ自身でコンテンツプロデュースや演出もされている方ですから、凄みはもちろんマネジメント力、人をやる気にさせる力がすごい。その環境で楽しく自由にやらせていただき、刺激を受けました」と語った。

 最後に「これまで以上に気合の入ったムービーに仕上がっています。光一さんのファンの方はもちろん、ファイナルファンタジーのファンの方にもぜひ手にとっていただければ」と野末氏。堂本は「子どものころから好きだった世界観に自分が入っていけるというのはありがたかったし、今回の作品は自分にとっても嬉しいものとなりました。ファンの方やゲームがお好きな方……自分もゲーム廃人だったので勝手ながら“同志”と思っているところがあるんですが(笑)、そういった方々にもぜひ見ていただけたら嬉しい」と締めくくった。

KinKi Kids公式アーティストページ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる